HOME > 映画「HESONOO」大ヒット記念!RAD桑原&武田、朝倉監督が語るそれぞれの思い溢れるトークショー2をREPORT!!

SARUnet.com/HESONOO11.JPG

3月11日から3月24日まで、2週間限定ロードショーの映画『RADWIMPSのHESONOO Documentary Film』。

本作はデビューから10年の節目にアジア・ヨーロッパを回った海外ツアー、Mr.ChildrenやONE OK ROCKなど世代やジャンルを超えた豪華ゲストを迎えて行われた胎盤ツアー、幕張メッセでのワンマンライブを追ったドキュメンタリー作品。

海外ツアー直前に山口智史(Dr)の無期限休養が発表され、10周年にして最大の危機が訪れたRADWIMPS。しかし、これまで通りの音楽で、全身全霊でオーディエンスと向き合う彼らは、集大成とも言える幕張メッセでのワンマンライブで、新しく生まれ変わっていくところ余すことなく体現する。

3月22日、大ヒットを記念してスペシャルトークショー2が開催された。このトークショーには、RADWIMPSから桑原彰(Gt)と武田祐介(Ba)、監督を務めた朝倉加葉子が登壇。映画を見終わり余韻冷めやらぬ満員のファンを目の前に、さらに深い余韻に誘う貴重なトークを繰り広げた。


SARUnet.com/HESONOO12.JPG
左から桑原彰、武田祐介、朝倉加葉子(敬称略)

作品と同様に、時系列に沿って進むトーク。まずは12月の幕張メッセでのライブについて。

武田 毎回緊張はするんですけど、すごい緊張しましたね。以前のツアーでも幕張でやったことはあるんですけど。その時に比べたら、だいぶ気持ちを前に向けて、お客さんに届けられたライブだったのかなと思います。

桑原 すごい景色で、なんていうんですかね。言葉で表しにくいんですけど、どこまでも地平線が続いているような感じでした。

SARUnet.com/HESONOO15.JPG

山口が休養に入り、サポートドラムに森瑞希を迎えたRADWIMPS。これまで意識してこなかった暗黙の了解に気付いたという。

武田 大変だったことは色々あるんですけど、例えばテンポ。ライブではちょっと早くなったりする曲もあるんですよ。それって、何年間もやっていることだから、ウチらは特別意識しないんですよね。それが曲の中で変化することもあって、Aメロは普通のテンポだけど、Bメロだと早くなるとか。普通に聞いたらおかしいはずなんですけど、ウチらは何年もやって慣れているので、みっきー(森瑞希)からしたら「Bに入ったらいきなり早くなったけど」って。ウチらからしたら「Bに入ったら急に、みっきー遅いぞ…」っていう(笑)。

SARUnet.com/HESONOO.jpg

新しい体制で初めてのライブが海外ツアーという状況について。

武田 不安しかないですよね。でも、みっきーは強いですね。初めてのライブが海外で、あれだけ堂々としてるんですから。

ちなみに森は、海外ツアー1カ国目となる韓国でのライブを終えた後「始まった瞬間、緊張してる場合じゃないと思って、楽しかったです」と答えたという。それについて「ちょっと異常だよね」と武田は笑う。

SARUnet.com/HESONOO14.JPG

海外ツアーは新しい体制という点以外にも不安があったようだ。

桑原 行く前は、チケット大丈夫かなって心配だったんですけど。行ったらすごく歓迎してくれて嬉しかったです。

SARUnet.com/HESONOO1.jpg

海外では国旗を広げる観客が多いというが、そこで起きたハプニングもあったとか。

桑原 フランスでのライブで、アンコールが終わった後に国旗をもらって広げたんですけど。それがイタリアの国旗で大ブーイングを浴びました(笑)。

武田は語学教室に通いドイツ語を学んでいたという。実際にドイツ語で挨拶する武田を見て、メンバーは「日本語より上手い!」と絶賛(?)したようだ。ちなみに桑原は、新大久保と赤坂の韓国料理店の往復で韓国語を学んだと語るも、すかさず武田から「嘘つけよ」と突っ込まれていた。

SARUnet.com/HESONOO2.jpg

また劇中に登場する円陣のシーンで、桑原が何を言っているのか分からないと振られると。

桑原 自分の中ではすごい良いことを言ってるんですけど、みんなには伝わってない(笑)。

武田は「全然分からない」と本音がポロリ。結局なにを言っているのかは分からないままだったが、監督はメンバーの絆を感じたようだった。

朝倉 私にとって韓国でのライブが、初めて生で見たRADWIMPSのライブだったんですけど。昔の映像で円陣をやっていたのを見ていたので「今も円陣を組むんだ!」って、新鮮な感じで嬉しかったです。

SARUnet.com/HESONOO5.jpg

海外ツアーの余韻冷めやらぬうちに突入した国内での胎盤ツアー。このツアーでは、東京事変のドラマーだった刄田を加えツインドラムで挑んだ。

武田 やったことがないし、前例もあまりないのでビックリしましたね。洋次郎が「ツインドラムでいこうと思うんだけど」って言い出した時は、また難しいこと言い出した〜って(笑)。

と言いつつも、手応えを感じていたようだった。

SARUnet.com/HESONOO3.jpg

体制の変化に伴い、撮影は大変だったのでは?と聞かれた朝倉監督。RADWIMPSを間近で撮影で撮影していた彼女ならではの感想が飛び出した。

朝倉 プロの音楽家として、リハーサルで色んなことをチェックして、本番が始まってからもさらに調整を繰り返している姿を拝見していたので、アスリートのようだなと思いました。

SARUnet.com/HESONOO13.JPG

こうして集まった約600時間の映像から、約100分の映画に凝縮されたRADWIMPSの世界。編集は試行錯誤を繰り返し、その過程で変化していったという。

朝倉 全体のバランスを考えながら、いくつかバージョンを作っていたんですけど。今の形が、RADWIMPSをあらわすようなインパクトのあるもに辿り着いたと思います。

SARUnet.com/HESONOO4.jpg

話題は、劇中で桑原がバナナを食べているシーンについて。この日もバナナを食べながら登場した桑原、ツアーでどれくらいのバナナを消費したか聞かれると「間違いなくライブの本数よりも多くて、50〜60本は」と答えると、場内から驚きのリアクション。さらにここで武田から「しかも剥いても食べきらないんですよ」と衝撃の暴露が。食べかけのバナナを脇に置いていき、ライブが終わる頃には3本ほど食べかけのバナナが発生するという。実際、登場時に持っていたバナナが桑原の椅子の端で横たわっている。驚きと悲鳴に近いリアクションがグラデーションする場内。釈明しようとする桑原だが、マイクと間違えバナナに向かって喋りだした為、一気に場内を笑いに包まれた。バナナをマイクを持ち変え「食べてる途中に呼ばれるから」と釈明。

SARUnet.com/HESONOO16.JPG

最後にメンバーからメッセージ。

武田 いまRADWIMPSはメンバーの一人が活動を休止して新しい体制でやっていますが、すごく良い曲が生まれているので、よければこれからも聞いて下さい!

SARUnet.com/HESONOO6.jpg

桑原 本日はボーカルが不在にも関わらず、こんなにたくさん有難うございます。みなさんは本当にRADWIMPSのファンなんだなと、よく分かりました(笑)。特に告知事項はないんですけど、もうちょっとしたら色々出る…かも!?しれ、ますん(笑)。楽しみにしてて下さい。

SARUnet.com/HESONOO18.JPG

ほとんど出回っていないというレアなRADWIMPSのTシャツプレゼントまで飛び出したトークショーは大盛況のうちに幕を閉じた。

作品情報

SARUnet.com/HESONOO17.JPG

『RADWIMPS のHESONOO Documentary Film』
2016年3月11日(金)~3月24日(木)ロードショー
監督:朝倉加葉子
配給:東宝映像事業部
©2016“HESONOO”FILM PARTNERS
公式サイトURL: http://radwimpsnohesonoo.jp

文/トークショー写真:トグチタカシ



sign-2.png

DJ松永(Creepy Nuts)

トラックを作り出すと同時に制作を始めたという1stアルバム「DA FOOLISH」で一躍知名度を高め、昨年発売した日本語ラップ MIX CD「This Time Vol.2」がロングセラーを続けるDJ松永。ヒルクライムのTOCが行うソロ活動においては専属DJを務め、今年はCreepy Nuts(R指定 & DJ松永) としてもフジロックに出演し注目を集めている。そんな彼が、待望の2ndアルバム「サーカス・メロディー」を10/15にリリースする。”フレッシュかつドープ””メロウでジャジー”と形容されるセクシーなトラックに”キャッチー”さもプラスされた本作は、TOC、SKY-HI、サイプレス上野、コッペパン、R-指定、FAKE-ID a.k.a FRAME、Jambo lacqueなど豪華MC陣を迎え見事なコラボレーションを聞かせてくれる。SARUnet.comでは「サーカス・メロディー」のリリースを記念し、アルバム制作のことはもちろん、DJを始めたキッカケまでさかのぼり話を聞いた。



sign-185.png

植木豪(PaniCrew)×千葉涼平(w-inds.)

日本ダンスシーンに多大な影響を与えるボーカルダンスユニット・PaniCrewのフロントマンであり、日本人初のブレイクダンス世界チャンピオンでもある植木豪が初演出を務める舞台『WASABEATS』。主演には、アジア全域で絶大な人気を誇るw-inds.の千葉涼平を向かえるとあって話題となっている本作。共演にはヘッドスピンのギネス記録保持者であり、“LMFAO”のワールドツアーに“Quest Crew”として参加している大野愛地。ブレイクダンサーとして数々の世界大会で優勝を果たしている内海貴司など、国内外で活躍するダンサー達が魅せる最高峰のスーパーダンスショーとなっている。



sign-64.png

松本享×水江未来

2012年5月、渋谷QUATTROで行われた「#7」ツアーファイナル公演をもって解散したバンド・Psysalia psysalis psyche(サイサリアサイサリスサイケ)。東京のインディーズシーンで暗躍し孤高のアートを続けていたPsysalia psysalis psycheが、6作連続で注目のクリエイターとコラボし作品を発表していたことは、多くのメディアで取り上げられていたので覚えている方も多いかもしれない。その6作連続の第4弾は、バンドの頭脳とも言われる松本亨のソロ作となった『AND AND』。この作品では世界的に活躍するアニメーション作家の水江未来とコラボしミュージックビデオを作成、チェコのAniFest 2012 国際アニメ映画祭「ミュージック・ビデオ部門」で最優秀賞し大きな話題となった。今回はそんな2人の初となる対談が実現。水江未来とのコラボに至った経緯や製作秘話までを独占収録。さらに今回は、水江未来が作成した『AND AND』のアニメーションと2人が融合する実験的な撮影を敢行。アニメーションと人間の融合・・・その答えはインタビューの中に。。。お楽しみ下さい。



sign-59.png

新井浩文VS大根仁

瑛太&松田龍平のコンビで、三浦しをん氏の直木賞受賞作を映画化した『まほろ駅前多田便利軒』の続編で、テレビ東京系の深夜枠でドラマ化された『まほろ駅前番外地』が、4/6から2週間限定で渋谷ユーロスペースで公開中。連日ゲストが登場し更なる盛り上がりを見せているが、4/11(木)は【新井浩文VS大根仁】と銘打った、またまた何かが起こりそうな舞台挨拶・・・何故VSなのかを紐解く2人の対談を余すことなく掲載!


sign-130.png

土屋太鳳

若手実力派女優として大注目の土屋太鳳。大学1年生とは思えないほどクールで大人っぽい雰囲気…かと思いきや、とても自然体。初主演となる映画『アルカナ』は、本体(人間)と分身が共存する世界で、分身が本体の心臓を奪い取ろうとするサイコ・スリラー作品。今作では本体(さつき)と分身(マキ)の一人二役を演じる土屋さん。作品の魅力について聞いていくうちに、等身大の可愛らしい一面と、仕事に対する熱い一面を垣間見ることが出来た。



sign-103.png

小宮山友祐(フットサルプレーヤー)

Fリーグ・バルドラール浦安所属。2004年・2008年・2012年フットサルW杯出場。

昨年、三浦知良選手も加入したフットサル日本代表は、W杯で初めて決勝トーナメント出場を果たしメディアを賑わせた。その代表メンバーでキャプテンを務めていたのが小宮山友祐である。2007年にスタートした"Fリーグ(日本フットサルリーグ)"に加盟し、千葉県浦安市をホームタウンとする"バルドラール浦安"で活躍するフットサルプレーヤーだ。大学卒業後は4年間に渡り高校で日本史を教え、2004年から日本代表としても世界を相手に戦ってきた。そんな小宮山のフットサルとの出会いから教員時代の話し、6/15に開幕したFリーグ、日本代表への想いまで。インタビューではフットサルへの情熱と、熱い人柄が伝わって来る言葉を聞くことが出来た。


CHUS ANTON

スペイン生まれのフォトグラファー”CHUS ANTON(チュス・アントン)”。スペインのファッション誌『Vanidad』編集長に見出され、ファッションページの撮影を中心にキャリアを積み、現在はフランス・パリをベースに、ヨーロッパ、日本、アメリカで活躍するアップカミングなフォトグラファーのひとりだ。ポップだがどこか哀愁のある作品は、エモーショナルでゆっくり流れる音楽をBGMに、続きが気になる映画を見ているような感覚にとらわれる。

AEOM_teaser.jpg



CLUB No1Z®︎ 2017-VIDEO
with DJ IDE KOJI&GO&HILOMU
URL:http://clubno1z.com



SARUnet/三月のパンタシア.png

INTERVIEW VOL.34
三月のパンタシア

everytokyo.jpeg


sign-4-2.png
sign-213.png
餓鬼レンジャー-1.jpg



sign-3.png



sign-18.png



sign-113.png



SARUnet/meagratia.png
sign-160.png
sign-83.png
tokyotrbe_sarunet.jpg
sign-99.png



sign-141.png
sign-47.png