HOME > REPORT|日本×インドネシア!モー・ブラザーズ、北村一輝、高梨臨が登壇した『KILLERS』記者会見をREPORT!


DSC08599.JPG



サンダンス映画祭へ正式出品決定したことでも注目を集める劇毒エンタテインメント作品『KILLERS/キラーズ』。監督を務めたモー・ブラザーズの2人が来日し、北村一輝と高梨臨らと共に登壇したこの記者会見は”KILLERS Roppongi Session”と銘打って開催され、Ustreamにて配信され同時通訳でインドネシアでもライブ配信された。

このイベントの見所の一つはフッテージ映像。我々記者陣も、目の前に4名が居ることを忘れるくらいに見入ってしまい、自然と足のつま先がクイッとなるほど衝撃的な映像が世界初解禁となった。一見してバイオレンスな要素が強く、主演の北村も「感情移入出来なかった」と語った程だが、アジアの映画人がタッグを組み製作したこの映画は人を惹付けるエネルギーに溢れている。SARUnet.comでは4人の『KILLERS』への熱い想いを余す事無くREPORT!


DSC08519.JPG

野村を演じてみて。

この本を読んだときに、全く共感出来なくて、感情移入も出来ませんでした。「これは何なんだ?」「なぜこの映画を撮るんだ?」というとこを監督に聞きました。その答えが、アジアの人間が映画を作るこということに対して、ハリウッドのように大きな予算で作るわけではなく、限られた中でどれだけの技術を見せれるか、どういうジャンルを撮るのかというのがあって。こういうジャンルは技術を見せやすいんですね。ただ、僕達が子供の頃にこういう映画を見てきたのに、今の時代はほとんどそういうものがないくらい日本は厳しくなってて遠ざかってるところがあると思います。海外ではそういうこともなく、ど真ん中で人気があったりするんです。その中でこのジャンルを選んで、アジアの人間がここまで作れるんだということを示したいと聞いて納得しました。

そこから「野村という男がどういう人間なんだ?」と監督に聞きました。ティムの口から一言"神"だと。対するインドネシアのバユには理由があって人を殺すので人間らしい。野村は何かがあって殺すのではなくて、そこに人がいるから2人きりになったら殺してしまうというか。どこか空想の中で生きているような、そういう人間であって欲しいということだったので、そこを考えて演じました。ただ演出については細かく指示があったので、野村という人物を作るにあたっては、監督の指示の中で作ったという感じです。

監督が2人という点について。

2人でどうやって演出するのか?と僕も思っていましたが、実際にそれを体験して分かったのは、一言で言うとティモが子供でキモが大人です(笑)。意見も食い違うこともなく明確で、答えはいつも同じでやりやすかったです。

インドネシアの印象は?

まずジャカルタに行ってビックリしたのは街のパワーですね。7,8割が若者で、右肩上がりなのを感じました。映画の撮影も、日本の3倍くらいのスピードで進むんです。日本だと職人気質というか、100点の状況の中でフィルムを回して行きますが、インドネシアでは、スタッフも20代が多く全員がipadを持っていて、コードもほとんど無く編集もその場で進んでいました。デジタル化で音も後から編集出来るので、車が大渋滞してても構わず撮影してチョイスするとか。どちらが良いかは分かりませんが新鮮でしたし、役者にとってはテンションを保てるのがやりやすかったです。

DSC08523.JPG

殺人の映像を録画しネットにアップする行為について。

実際にそういうこともあるらしく…ただ、理解度は0に近いというかマイナスと言ってもいい、僕からしたら理解出来ないしその言葉だけです。ただ、何故この野村という役をやったのか?というとこで。理解出来て感情移入出来るものだけを演じるのが役者ではないと思います。この作品は日常もちゃんと描かれていて、どの目線で見るかはこちらが強制するわけでなく。こういう芸術、人をどう見るかは分かりませんが…まあ(そういう行為は)…ダメでしょ(笑)。救いようがないなと思っていました。

脚本を読んだ段階で共感できなかったが、監督の作品を見て才能を感じ、打ち合わせを重ね理解を深めたと聞きました。実際に撮影をして、どういう所に才能を感じましたか?

撮影中のこだわりようで、もう画が出来上がってるんですね。あと発想が、言葉を選ばずに言いますと…いや、選んだ方がいいな。ちょっと…ちょっとこう…(とてもためらいながら)クレイジーなセンス(笑)。未発表の作品も見せてもらいましたが、とんでもないのがいっぱいあって。画の力とそれを見せる音と、その一つ一つのセンスだと思います。とにかく出来上がりの作品がすごいです。現場も温かくて、感謝しています。さっきも言いましたが、ティモが子供でキモが大人です(笑)。

共演したオカ アンタラ(バユ役)について。

映像から伝わってくるパワーがすごい。インドネシアの俳優が全員なのかは分かりませんが、全員あれなら凄いなと思うくらいにストイックでプロ意識が高い。撮影中は一緒にご飯にいかないとか、尊敬に値する役者ですし共演出来て幸せです。これからも刺激し合える関係でいたいです。

『KILLERS/キラーズ』の撮影中に『ザ・レイド2』への出演決定した経緯について。

「出してくれ出してくれ」と(笑)。元々「ザ・レイド」を見ていてすごい映画だなと思ってました。ギャレス含め、監督の2人やオカも向こうでは家族みたいに皆でご飯食べたりするんですよ。目の前で次の作品とかの話しをされると「そこに俺いないじゃん?」って(笑)。オカが出てるんだったら俺も出ていいんじゃないか?って。言い方は悪いですけどキラーズの番宣みたいな感じで(笑)。でも『ザ・レイド2』の撮影もすごく刺激的で、カメラアングルも見たことないような現場で楽しかったですし、いい経験になりました。

モー・ブラザーズから次回作オファーがあったら出たいですか?

(迷う仕草で)んー(笑)。というか、もし呼ばれなかったら時間を作って邪魔しに行きます。信じれば叶うと思うので、出れるものだと勝手に思ってます。


DSC08525.JPG

久恵を演じてみて。

久恵は、いわゆる普通の女性ですが、弟のことや悩みや引きずっている部分があって、繊細そうに見えるんですけど強さを持ってる女性だと思います。

『ライク・サムワン・イン・ラブ』に続き、外国のクリエイターの作品という点について。

日本の監督でも人によって演出が違うので、海外の監督だからというのは無いです。今回は監督が2人というとこで、どんな感じになるのかと思っていましたが、混乱することなくやりやすかったです。

殺人の映像を録画しネットにアップする行為について。

ダメですよね。私自身バイオレンス映画は好きなので、そういうシーンに抵抗があるわけではないんですが、やっぱり現実でやってはダメですよね。

モー・ブラザーズから次回作オファーがあったら出たいですか?

是非。(モー・ブラザーズを見ながら)是非!


DSC08547.JPG
(左/キモ,右/ティモ)

なぜ『KILLERS/キラーズ』を製作したのか?

ティモ
暴力的な作品だと思われるかもしれないし、確かにバイオレンスなことが描かれているはいる。ただ我々としては、多くの方にこの作品を通して何かを考えて欲しいと思っています。北村さん演じる野村という役は人を殺すこと、バイオレンスを謳歌している。逆にインドネシアのバユは、バイオレンスが満ち溢れる世界で良く生きようとするんだけども、バイオレンスのスパイラルから抜け出せない。2人の人生にとってバイオレンスは鍵となっているんです。今我々が生きる世界でもバイオレンスというのはすごく大きな関係性があると思うので、そういう意味でこの作品は考えるきっかけになると思います。

東京とジャカルタでの撮影の印象は?

キモ
我々にとっても国を超えた合作は初めての体験だったので大変な作業だった。撮影に入る前のプリプロの段階で、特に演出については2人で詰めていたので問題はなかった。また日本の素晴らしいチームともとも密に連携を取ること出来、お陰で2人のビジョンに命を吹き込むことが出来ました。

DSC08534.JPG

よく日本にも来られるそうですが、日本の印象はいかがですか?

ティモ
日本に来る前は、自分が触れていたポップカルチャーのイメージでしたが、実際に来てみるとさらに凄いところでした。実は映画監督になりたいと思ったのは日本の映画監督の影響で。この名前を出すとまたかと思われるかもしれませんが、黒澤明監督です。特に「赤ひげ」を見た時に映画監督になりたいと強く思いました。

キモ
今回の撮影を含め4度目の日本でした。黒澤明監督を始め日本の映画には影響を受けていますが、特に「リング」には多大な影響を受けました。やはり同じアジア人同志、なにか文化的に精通するところがあるんだと思います。

日本人は抑圧されてるキャラクターとして世界的に通じてるイメージがあるので、北村さんが演じる野村役とオカさんのバユ役が逆なのではないかと思ったのですが、なぜこのような設定になったのでしょうか?

ティモ
確かにインドネシアに比べ日本の社会は、よりバフェットであらなければいけないプレッシャーが大きいのかなとも思います。ただ、北村さんが演じた野村という人物は社会に生きていますが、社会的影響を超越しているモンスターで、自分以上には誰もいないと思ってる神なんです。そのコントラストがジャカルタのバユ。日本なら午前2時に歩いても帰宅出来ますが、ジャカルタなら命を落としかねないくらいバイオレントな街です。その中でも良く生きようとするんだけども抑圧されてしまう。良くあろうとすればするほど抑圧されてしまう、現代社会の冷酷な部分を描きました。

DSC08543.JPG

北村一輝の魅力について。

キモ
北村さんを野村のような人間だと思っているわけではないが、本当に野村が見える、そこに存在させてくれる、それに監督のビジョンしてるものをなんでも演じれるので、出演してくれて感謝しています。高い経験値と才能を持った役者だと思います。

ティモ
三池監督作品で見ていてヤクザのイメージが強かったので、野村をどう演じるのかと思っていましたが、実際に撮影に入ってみて、ユニークな個性をもっているなと感じました。僕も北村さんもディテールにこだわるタイプなので、現場でイメージがぶつかることもあり、北村さんのイメージで撮影したりもしました。編集室で確認すると、大体の場合に北村さんのアイデアの方が合っていて。今回は北村さんの役に対するアプローチから多くのことを学ぶことが出来た、とてもユニークな体験でした。

今後また、日本と合作で製作したいですか?

ティモ
監督としてのキャリアが長いわけではないですが、日本での撮影は素晴らしく、今までで一番の最高の経験をさせて頂きました。『KILLERS/キラーズ』の撮影中も、次を何を作ろうか考えていましたが、東京で作るアイデアもいくつかありましたので是非やりたいです。

キモ
日本のスタッフとの作業は本当にやりやすく素敵な体験でした、是非また撮影したいです。例え寒い冬だとしても(笑)。

映画『KILLERS/キラーズ』は、2月 1 日(土)よりテアトル新宿ほか全国公開!

SARUnet.com/KillersPoster_SANDANCE.jpg

KILLERS/キラーズ

キャスト 北村一輝、オカ・アンタラ、
高梨臨 、ルナ・マヤ、黒川芽以、でんでん、レイ・サヘタピー
製作総指揮 ギャレス ・エバンス『ザ・レイド』
監督 モー・ブラザーズ
脚本 ティモ・ジャヤント、牛山拓二
製作 日活、ゲリラメラフィルムズ
協力 ポイント・セット
配給 日活 (C) 2013 NIKKATSU/Guerilla Merah Films
日本・インドネシア/原題『KILLERS』/R18+/サンダンス映画祭 2014 正式出品
公式 HP: http://www.killers-movie.com

文&写真:トグチタカシ



sign-2.png

DJ松永(Creepy Nuts)

トラックを作り出すと同時に制作を始めたという1stアルバム「DA FOOLISH」で一躍知名度を高め、昨年発売した日本語ラップ MIX CD「This Time Vol.2」がロングセラーを続けるDJ松永。ヒルクライムのTOCが行うソロ活動においては専属DJを務め、今年はCreepy Nuts(R指定 & DJ松永) としてもフジロックに出演し注目を集めている。そんな彼が、待望の2ndアルバム「サーカス・メロディー」を10/15にリリースする。”フレッシュかつドープ””メロウでジャジー”と形容されるセクシーなトラックに”キャッチー”さもプラスされた本作は、TOC、SKY-HI、サイプレス上野、コッペパン、R-指定、FAKE-ID a.k.a FRAME、Jambo lacqueなど豪華MC陣を迎え見事なコラボレーションを聞かせてくれる。SARUnet.comでは「サーカス・メロディー」のリリースを記念し、アルバム制作のことはもちろん、DJを始めたキッカケまでさかのぼり話を聞いた。



sign-185.png

植木豪(PaniCrew)×千葉涼平(w-inds.)

日本ダンスシーンに多大な影響を与えるボーカルダンスユニット・PaniCrewのフロントマンであり、日本人初のブレイクダンス世界チャンピオンでもある植木豪が初演出を務める舞台『WASABEATS』。主演には、アジア全域で絶大な人気を誇るw-inds.の千葉涼平を向かえるとあって話題となっている本作。共演にはヘッドスピンのギネス記録保持者であり、“LMFAO”のワールドツアーに“Quest Crew”として参加している大野愛地。ブレイクダンサーとして数々の世界大会で優勝を果たしている内海貴司など、国内外で活躍するダンサー達が魅せる最高峰のスーパーダンスショーとなっている。



sign-64.png

松本享×水江未来

2012年5月、渋谷QUATTROで行われた「#7」ツアーファイナル公演をもって解散したバンド・Psysalia psysalis psyche(サイサリアサイサリスサイケ)。東京のインディーズシーンで暗躍し孤高のアートを続けていたPsysalia psysalis psycheが、6作連続で注目のクリエイターとコラボし作品を発表していたことは、多くのメディアで取り上げられていたので覚えている方も多いかもしれない。その6作連続の第4弾は、バンドの頭脳とも言われる松本亨のソロ作となった『AND AND』。この作品では世界的に活躍するアニメーション作家の水江未来とコラボしミュージックビデオを作成、チェコのAniFest 2012 国際アニメ映画祭「ミュージック・ビデオ部門」で最優秀賞し大きな話題となった。今回はそんな2人の初となる対談が実現。水江未来とのコラボに至った経緯や製作秘話までを独占収録。さらに今回は、水江未来が作成した『AND AND』のアニメーションと2人が融合する実験的な撮影を敢行。アニメーションと人間の融合・・・その答えはインタビューの中に。。。お楽しみ下さい。



sign-59.png

新井浩文VS大根仁

瑛太&松田龍平のコンビで、三浦しをん氏の直木賞受賞作を映画化した『まほろ駅前多田便利軒』の続編で、テレビ東京系の深夜枠でドラマ化された『まほろ駅前番外地』が、4/6から2週間限定で渋谷ユーロスペースで公開中。連日ゲストが登場し更なる盛り上がりを見せているが、4/11(木)は【新井浩文VS大根仁】と銘打った、またまた何かが起こりそうな舞台挨拶・・・何故VSなのかを紐解く2人の対談を余すことなく掲載!


sign-130.png

土屋太鳳

若手実力派女優として大注目の土屋太鳳。大学1年生とは思えないほどクールで大人っぽい雰囲気…かと思いきや、とても自然体。初主演となる映画『アルカナ』は、本体(人間)と分身が共存する世界で、分身が本体の心臓を奪い取ろうとするサイコ・スリラー作品。今作では本体(さつき)と分身(マキ)の一人二役を演じる土屋さん。作品の魅力について聞いていくうちに、等身大の可愛らしい一面と、仕事に対する熱い一面を垣間見ることが出来た。



sign-103.png

小宮山友祐(フットサルプレーヤー)

Fリーグ・バルドラール浦安所属。2004年・2008年・2012年フットサルW杯出場。

昨年、三浦知良選手も加入したフットサル日本代表は、W杯で初めて決勝トーナメント出場を果たしメディアを賑わせた。その代表メンバーでキャプテンを務めていたのが小宮山友祐である。2007年にスタートした"Fリーグ(日本フットサルリーグ)"に加盟し、千葉県浦安市をホームタウンとする"バルドラール浦安"で活躍するフットサルプレーヤーだ。大学卒業後は4年間に渡り高校で日本史を教え、2004年から日本代表としても世界を相手に戦ってきた。そんな小宮山のフットサルとの出会いから教員時代の話し、6/15に開幕したFリーグ、日本代表への想いまで。インタビューではフットサルへの情熱と、熱い人柄が伝わって来る言葉を聞くことが出来た。


CHUS ANTON

スペイン生まれのフォトグラファー”CHUS ANTON(チュス・アントン)”。スペインのファッション誌『Vanidad』編集長に見出され、ファッションページの撮影を中心にキャリアを積み、現在はフランス・パリをベースに、ヨーロッパ、日本、アメリカで活躍するアップカミングなフォトグラファーのひとりだ。ポップだがどこか哀愁のある作品は、エモーショナルでゆっくり流れる音楽をBGMに、続きが気になる映画を見ているような感覚にとらわれる。

AEOM_teaser.jpg

Interview Vol.33(9/6UP)
ハラヂュクJINGUS from TOKYO TRIBE
(植木豪 from PaniCrew/大野愛地/魚地菜緒)

tokyotrbe_sarunet.jpg

B-BOYのあるべき姿って、この先にどういう可能性があるかを考えて自分の道を進んでいくことだと思うんです。」



CLUB No1Z®︎ 2017-VIDEO
with DJ IDE KOJI&GO&HILOMU
URL:http://clubno1z.com

everytokyo.jpeg


sign-4-2.png
sign-213.png
餓鬼レンジャー-1.jpg



sign-3.png



sign-18.png



sign-113.png



SARUnet/meagratia.png
sign-160.png
sign-83.png
sign-99.png



sign-141.png
sign-47.png