HOME > REPORT|日本震撼!映画『凶悪』公開初日舞台挨拶をREPORT!


w‹¥ˆ«x‰“ú•‘‘䈥ŽA オフィシャル.JPG

映画『凶悪』が9月21日に初日を迎え、主演の山田孝之をはじめ、ピエール瀧、リリー・フランキー、池脇千鶴、白石和彌監督による舞台挨拶が新宿ピカデリーにて行われた。本作は、死刑囚の告発をもとに、雑誌ジャーナリストが未解決の殺人事件を暴き、真犯人逮捕への道筋をつけた異例の事件を活写し、日本を驚愕させたベストセラー・ノンフィクション新潮45編集部編『凶悪ーある死刑囚の告発ー』の映画化。中でも、凶悪な二人に対峙するジャーナリスト・藤井を演じた山田孝之の圧倒的な存在感、事件を告白する死刑囚・須藤を演じたピエール瀧と首謀者である“先生”を演じたリリー・フランキーのヒールぶりに話題が沸騰!



山田孝之
「藤井の気持ちに変化があり、やりがいがありそうで、すぐにやりたいと思った」

実際にあった事件を題材にした本作が映画化になり初日を迎えられたことに対して白石監督は、「半端な気持ちではできない、自分自身が凶悪にならないといけないと思い創りました。見に来ていただきありがとうございます」と感無量。

人間の二面性を浮き彫りにした脚本に惚れ込んだキャストは、それぞれ本作への出演経緯を語った・・・

山田「藤井の気持ちに変化があり、やりがいがありそうで、すぐにやりたいと思った」

ピエール瀧「モデルの死刑囚と遺族の方と間接的に関係を持つのは、それは嫌でしたよ。しかし、監督の堅い決意、リリーさんの誘いもあり悪に引き込まれました」

リリー・フランキー「まずやりたいなと思った。けど、ひとりは嫌だなと思って、瀧を道連れにしました。僕と瀧を選んだということはシリアスな犯人像ではないので、二人でぶっこんじゃお!って思ったら普段通りの俺らでしたね」

池脇「難しくてやりがいがありそうと思いこの役を引き受けました。すでにキャストが決まっていたのですごいことになりそうだなと思いました」

撮影はたったの3週間、キャスト陣は「辛かった」と口を揃える

本作は重厚なドラマにも関わらず、撮影はたったの3週間。キャスト陣は「辛かった」と口を揃える。

瀧は「極寒の日に一晩中撮影で、一度上着を脱いだことで着れなくなって失敗した」と半笑い。観客も半笑いだったため、すかさずリリーが「こんな映画を見て大笑いできないよね。楽しいシーンが全くないからね」とツッコミが!瀧は本作で初濡れ場に挑戦しているが、「横に子供をおいて撮影した。監督の凶悪さを感じましたね」というエピソードを語ると、「その”サマ”は見えないように気を遣いました」と笑顔で応える監督に対し、全員から「そういう問題じゃねーだろ!」とのツッコミに、会場はまた爆笑。

今回被害者役を演じた一人のピン芸人ジジ・ぶぅはリリーたっての希望で決まったこともあり、リリー自身ジジ・ぶぅとのシーンを振り返る。「アルコール度95℃のスピリタスを飲ませるシーンで、ずっと飲み続けているので、なかなか喉が通らない、疲弊してお腹が出てくるのが分かるんですよ。それをまた監督は隣で大笑いしてるんです。さらに4Lのスピリタスに変わる水を飲むジジ・ぶぅに対して撮影終了後、スタッフが『お水飲みますか?』って聞いていて、『飲むわけないじゃん!』って」とエピソードを披露。

池脇は「撮影2日間で何にも楽しくなかった。息が詰まりました。でも山田くんは楽しそうでしたよ」と言うと、山田は「池脇さんとの面会シーンがすごい楽しかったです。芝居っていいなって」との返しに、池脇も「いじめられてたみたいで。。。」と笑いながらコメント。本作の雰囲気とは打って変わって和気あいあいとしたキャストのトークで会場を沸かせた。

今回の公開初日を祝して、原作者の著者であり主人公・藤井のモデルとなった宮本太一氏の
"記者からの手紙"を紹介。

(山田宛)「殺気迫るものがありました。最初と最後で同じ人とは思えない」
(ピエール瀧宛)「実際の死刑囚よりはるかに凶暴で迫力があったことを保証」
(リリー・フランキー宛)「得体のしれない怖さを垣間見せる絶妙の演技には感服しました。ラストは圧巻でした」
(池脇宛)「『楽しかったんでしょ?』の一言で不謹慎にも楽しんでいたという事実を再認識させられました」

以上のようにキャスト陣ベタ褒め。最後に監督に「演技力、想像力には何度も唸りました。監督のオリジナリティに満ち溢れている」と絶賛コメントを寄せた。熱いメッセージを受け、山田は「いい意味でも悪い意味でも原作があると比べられるが、純粋に映画として見てもらえてよかった」とコメントし、感謝の言葉が綴られた手紙であった。

白石和彌監督
「こういう映画が作りづらくなっているので、本作がヒットすると色々な作品を作れるようになると思います。日本映画に元気を取り戻してほしい」

最後に「こういう映画が作りづらくなっているので、本作がヒットすると色々な作品を作れるようになると思います。日本映画に元気を取り戻してほしい」と白石監督が本作のため、日本映画の未来のためにという言葉を残し、舞台挨拶は終了した。

9月21日(土)新宿ピカデリーほか全国ロードショー!
映画『凶悪』、モントリオール世界映画祭への正式出品が決定!!
すべては、ある死刑囚の告白から始まった―。張り詰めた緊張感が支配する比類なき極限のドラマが幕を開ける。

出演:山田孝之 ピエール瀧 池脇千鶴 リリー・フランキー
原作:新潮45編集部編『凶悪 -ある死刑囚の告発-』(新潮文庫刊)
監督:白石和彌 脚本:高橋泉、白石和彌 
企画協力:新潮社
配給・宣伝:日活  (C)2013「凶悪」製作委員会 
『凶悪』オフィシャルサイト:http://kyouaku.com



sign-2.png

DJ松永(Creepy Nuts)

トラックを作り出すと同時に制作を始めたという1stアルバム「DA FOOLISH」で一躍知名度を高め、昨年発売した日本語ラップ MIX CD「This Time Vol.2」がロングセラーを続けるDJ松永。ヒルクライムのTOCが行うソロ活動においては専属DJを務め、今年はCreepy Nuts(R指定 & DJ松永) としてもフジロックに出演し注目を集めている。そんな彼が、待望の2ndアルバム「サーカス・メロディー」を10/15にリリースする。”フレッシュかつドープ””メロウでジャジー”と形容されるセクシーなトラックに”キャッチー”さもプラスされた本作は、TOC、SKY-HI、サイプレス上野、コッペパン、R-指定、FAKE-ID a.k.a FRAME、Jambo lacqueなど豪華MC陣を迎え見事なコラボレーションを聞かせてくれる。SARUnet.comでは「サーカス・メロディー」のリリースを記念し、アルバム制作のことはもちろん、DJを始めたキッカケまでさかのぼり話を聞いた。



sign-185.png

植木豪(PaniCrew)×千葉涼平(w-inds.)

日本ダンスシーンに多大な影響を与えるボーカルダンスユニット・PaniCrewのフロントマンであり、日本人初のブレイクダンス世界チャンピオンでもある植木豪が初演出を務める舞台『WASABEATS』。主演には、アジア全域で絶大な人気を誇るw-inds.の千葉涼平を向かえるとあって話題となっている本作。共演にはヘッドスピンのギネス記録保持者であり、“LMFAO”のワールドツアーに“Quest Crew”として参加している大野愛地。ブレイクダンサーとして数々の世界大会で優勝を果たしている内海貴司など、国内外で活躍するダンサー達が魅せる最高峰のスーパーダンスショーとなっている。



sign-64.png

松本享×水江未来

2012年5月、渋谷QUATTROで行われた「#7」ツアーファイナル公演をもって解散したバンド・Psysalia psysalis psyche(サイサリアサイサリスサイケ)。東京のインディーズシーンで暗躍し孤高のアートを続けていたPsysalia psysalis psycheが、6作連続で注目のクリエイターとコラボし作品を発表していたことは、多くのメディアで取り上げられていたので覚えている方も多いかもしれない。その6作連続の第4弾は、バンドの頭脳とも言われる松本亨のソロ作となった『AND AND』。この作品では世界的に活躍するアニメーション作家の水江未来とコラボしミュージックビデオを作成、チェコのAniFest 2012 国際アニメ映画祭「ミュージック・ビデオ部門」で最優秀賞し大きな話題となった。今回はそんな2人の初となる対談が実現。水江未来とのコラボに至った経緯や製作秘話までを独占収録。さらに今回は、水江未来が作成した『AND AND』のアニメーションと2人が融合する実験的な撮影を敢行。アニメーションと人間の融合・・・その答えはインタビューの中に。。。お楽しみ下さい。



sign-59.png

新井浩文VS大根仁

瑛太&松田龍平のコンビで、三浦しをん氏の直木賞受賞作を映画化した『まほろ駅前多田便利軒』の続編で、テレビ東京系の深夜枠でドラマ化された『まほろ駅前番外地』が、4/6から2週間限定で渋谷ユーロスペースで公開中。連日ゲストが登場し更なる盛り上がりを見せているが、4/11(木)は【新井浩文VS大根仁】と銘打った、またまた何かが起こりそうな舞台挨拶・・・何故VSなのかを紐解く2人の対談を余すことなく掲載!


sign-130.png

土屋太鳳

若手実力派女優として大注目の土屋太鳳。大学1年生とは思えないほどクールで大人っぽい雰囲気…かと思いきや、とても自然体。初主演となる映画『アルカナ』は、本体(人間)と分身が共存する世界で、分身が本体の心臓を奪い取ろうとするサイコ・スリラー作品。今作では本体(さつき)と分身(マキ)の一人二役を演じる土屋さん。作品の魅力について聞いていくうちに、等身大の可愛らしい一面と、仕事に対する熱い一面を垣間見ることが出来た。



sign-103.png

小宮山友祐(フットサルプレーヤー)

Fリーグ・バルドラール浦安所属。2004年・2008年・2012年フットサルW杯出場。

昨年、三浦知良選手も加入したフットサル日本代表は、W杯で初めて決勝トーナメント出場を果たしメディアを賑わせた。その代表メンバーでキャプテンを務めていたのが小宮山友祐である。2007年にスタートした"Fリーグ(日本フットサルリーグ)"に加盟し、千葉県浦安市をホームタウンとする"バルドラール浦安"で活躍するフットサルプレーヤーだ。大学卒業後は4年間に渡り高校で日本史を教え、2004年から日本代表としても世界を相手に戦ってきた。そんな小宮山のフットサルとの出会いから教員時代の話し、6/15に開幕したFリーグ、日本代表への想いまで。インタビューではフットサルへの情熱と、熱い人柄が伝わって来る言葉を聞くことが出来た。


CHUS ANTON

スペイン生まれのフォトグラファー”CHUS ANTON(チュス・アントン)”。スペインのファッション誌『Vanidad』編集長に見出され、ファッションページの撮影を中心にキャリアを積み、現在はフランス・パリをベースに、ヨーロッパ、日本、アメリカで活躍するアップカミングなフォトグラファーのひとりだ。ポップだがどこか哀愁のある作品は、エモーショナルでゆっくり流れる音楽をBGMに、続きが気になる映画を見ているような感覚にとらわれる。

AEOM_teaser.jpg



CLUB No1Z®︎ 2017-VIDEO
with DJ IDE KOJI&GO&HILOMU
URL:http://clubno1z.com



SARUnet/三月のパンタシア.png

INTERVIEW VOL.34
三月のパンタシア

everytokyo.jpeg


sign-4-2.png
sign-213.png
餓鬼レンジャー-1.jpg



sign-3.png



sign-18.png



sign-113.png



SARUnet/meagratia.png
sign-160.png
sign-83.png
tokyotrbe_sarunet.jpg
sign-99.png



sign-141.png
sign-47.png