HOME > NEWS|青春文学の金字塔、『幕が上がる』映画&舞台化!監督・演出は本広克行監督、主役はももいろクローバーZの5人が大抜擢!!

青春文学の金字塔、『幕が上がる』映画&舞台化!監督・演出は本広克行監督、主役はももいろクローバーZの5人が大抜擢!!




日本が誇る劇作家・平田オリザ氏の手による青春小説「幕が上がる」が、『踊る大捜査線』シリーズの本広克行監督により映画化、さらに舞台化されることが決定した。弱小演劇部の少女たちが全国大会を目指し、本当の喜び、本当の悲しみ、本当に大切なことに気づき、きらめいていく本作。主演である演劇部の高校生たちには「今、もっとも輝いている少女たちに演じてもらいたい」という想いからももいろクローバーZの5人が大抜擢された。

キネマ眼鏡/幕が上がるd.jpg
キネマ眼鏡/幕が上がるb.jpg

圧倒的なライブパフォーマンス、従来のアイドルから一線を画すドラマティカルな成長。そんな彼女達から放たれる輝きが、『幕が上がる』の登場人物に重なり、映画、そして舞台へと昇華する。

映画版では、演劇部を指導し全国大会へと牽引する新任先生役に『小さいおうち』で第64回ベルリン国際映画祭最優秀女優賞を受賞したことも記憶に新しい黒木華が出演。元・学生演劇の女王という役柄と、自身の演技に没頭した学生時代が重なる。映画版の撮影は2014年8月22日から静岡県富士宮市などで行われ、10月8日にクランクアップしており、2015年2月28日に全国公開を予定している。舞台版は映画版と同様、本広克行監督の演出、ももいろクローバーZの5人の主演により2015年5月の公演予定となっている。等身大の高校生から大人まで、あらゆる世代から称賛を得る『幕が上がる』の映画化&舞台化に期待したい。

キネマ眼鏡/幕が上がるe.jpg

本広克行監督からのコメント

・映画化について

平田オリザ戯曲の面白さと現代口語演に共感して、その書籍を読み漁り、青年団の演劇を観劇して、稽古も見学させてもらいました。青年団に入団させてもらおうかと思ったほど、その世界に嵌ってしまい、2010年末には平田オリザ原作、青年団演出部の岩井秀人脚本、青年団の役者、スタッフに全面協力を得て舞台「演劇入門」を演出させて貰うほど、その世界に没頭し、演技指導の方法論がすべて覆されました。たくさんの事を学び、その手法なりを映像演出に流用したり、小劇場の舞台役者との出会いとか、自分の映像作品にも厚みが増し、幅を広げて貰ったと思っています。
そんなお礼も兼ねてオリザさんの初めての小説『幕が上がる』は、なんとしてもヒットする作品にしなくては、自分の作った青春ドラマや映画で一番見たくなる作品にしなくては、という異常な使命感を持ち、この作品に関わった全ての人にわがままを言わせてもらい映画化にこぎ着けました。

・ももいろクローバーZについて

原作の『幕が上がる』を読んでいた時に、ももクロZと出会い、原作の登場人物がどうしてもメンバーとダブってしまい、オリザさんに「ももクロZメンバーをイメージして書いたのではないか」と聞いてしまうほどキャラクターが似ていました。同時期に、ももクロZの魅力を僕の周りにいるクリエーターたちが熱く語ってくれて、ももクロZのライブに通わせてもらい、スタッフの皆さん、モノノフの皆さんから彼女たちの頑張ってきた歴史を教えて貰い、これは鍛えれば演技力も上がるのではと確信し始めてからは、迷いなく進んでこられました。

・撮影について。そして舞台化への意気込み。

映画版は、脚本が完成し、キャスティングが決定した時には完成予想が見えていました。撮影した風景と原作のマッチングが非常に良く、出演者全員、特に高校生役の子達はみんな涙を流しながら作品作りにのめり込んでいて、まさに撮影現場が青春そのものでした。演出している自分も撮影中に何度も感情を揺さぶられるシーンがあって、今年は本当に満足のいく、夏から秋へと向かう充実した季節を過ごせたと振り返るほどで、映画を初めて作り始めた頃を思い出しました。その熱い映像は仕上げスタッフにも影響していて、編集もとても集中して作業が進行しました。
このテンションを持続させながら、映画が完成したら直ぐに舞台版の作業に一気に向かっていきたいです。
オリザさんが書かれる戯曲を、ももクロZのメンバーで演出できることは本当にやりがいがあり、しかも自分が企画して監督した映画の集大成になることは間違いないと確信しています。今から楽しみでなりません。
今まで培って来たノウハウと全ての力を、映画と舞台による『幕が上がる』に注ぎ込んで行きます。

平田オリザからのコメント

・映画化について

本広監督とは、彼が私の稽古場によく遊びにいらっしゃったりした古くからの付き合いでした。以前から、私の作品を映画化したいとおっしゃっていたのですが、初めての小説を書くにあたって「これなら映画化に向いているのではないですか?」とゲラの段階で見せていました。もともと、この『幕が上がる』は、2011年1月にフランスの子供たち向けに『銀河鉄道の夜』を舞台化するため、パリに長期滞在していたときに、稽古と並行して書いた小説です。それが、足かけ五年(公開まで含めて)の歳月を経て映画になるというのは、大きな喜びです。

・ももいろクローバーZについて

正直言って、ももクロさんが主演と決まったときには、期待と不安と半々でした。彼女たちの「演技」は観たことがなかったからです。監督からの依頼で、撮影に入る前に、数回にわたって演劇のワークショップを行いました。そこには二つの意味があったと思います。一つは、ももクロのメンバーたちの演技力を向上させること。皆さん、本格的な舞台の経験はないので、身体がぶれやすかったり、演技に個々の癖が出てしまうことが多かったのですが、たいへん勘のいい子たちなので、すぐに演技のコツをつかんでいったようです。もう一つは、ワークショップを通じて、この作品のテーマである「演劇」について学んでもらいました。「演劇」と映像やパフォーマンスとの違いについて、何が難しく、何が楽しいのか、実際に演ずる経験を通じて学んだことが、撮影の際にも生かされたのではないかと思います。
特に、映画の中で演出家の役を演じる百田さんには、演出家とはどういう仕事なのかも学んでもらいました。ワークショップの途中では、私が演出を付けたあとに、百田さんにも、自分の言葉で他のメンバーに演出をするという体験もしてもらいました。その体験は、実際の映画の中でも生かされ、演出家として成長していく姿をうまく演じてくださったと思います。

・映画『幕が上がる』への期待、そして舞台化について

ラッシュを観て、自分が原作を書いた作品なのに、ずいぶん泣かされました。本広監督には「正統派のアイドル映画を創ってください」とお願いしましたが、期待以上の作品になったと思います。
おそらく、この作品を観た多くの観客の皆さんは、ももクロメンバーの「演技力」に驚くことでしょう。彼女たちは、このひと夏で、役者として驚異的な成長を遂げました。進化するアイドルとして走り続けてきたももいろクローバーZが、もう一つ新しいステップに踏み込むことができたのではないかと思います。
舞台化にあたっては、もう一度、彼女たちとワークショップから始めて、一緒に作品を創っていければと思っています。この映画を通じて、せっかく「演劇」「舞台」というものに向き合ったのですから、その経験を生かして、今後も生の舞台にも出演してもらえるように、舞台の方も忘れられない作品にできればと願っています。いずれは、私と一緒に、「世界」を目指して欲しいです。

キネマ眼鏡/幕が上がるf.jpg

百田夏菜子(ももいろクローバーZ)からのコメント

普段はアイドル、映画の現場も初めて、お芝居の経験も全然ない。そんな私達が映画の主演。

撮影が始まる前にオリザさんのワークショップを受けさせていただいて、最初聞いたときはお芝居のレッスンをするもんだと思っていました。でも、オリザさんが教えてくれたのはお芝居の根本の部分。

台本をもってここのセリフをこうしろじゃない。お芝居とはなんなのか、そこから教えてくれました!

お芝居はこうでなくちゃダメとかない。アイドルがこうでなくちゃってのもない。

その時、ジャンルを通り越してなにか新しいものが作れる気がしました!

撮影が始まってからは私達はただただ必死!笑

監督はすごく丁寧に、一緒にお芝居を作ってくれました。

でも実は、私達は自分の芝居をモニターでも1度も見てないので、どうなってるかは全く分かりません。
でも自分の心でよし!と思ったときと、監督のOK!が重なる事が多くて、なんだか通じあってる気がして嬉しかったです!

クランクアップをした段階で映画としてはまだ半分!そこから編集さんにバトンタッチして最終的には
お客さんが見てくれて初めて映画が完成するんだって!

まだ途中の段階でもスタッフさんたちは映像を見るために集まるたびに興奮して帰ってきます!笑

みんなニヤニヤしてて全然教えてくれません。

大人ばっかりずるいよね~!なんてメンバーで話ながら、私達も出来上がりをとっても楽しみにしてます!
みなさんも楽しみにしててください!!

『幕が上がる』

・原作のストーリー

北関東の高校に通うさおりは、演劇部最後の一年を迎えようとしていた。姫キャラのユッコ、黙っていれば可愛いガルルらと共に、年にたった一度の大会に挑む。目指すは地区大会突破。そんな時、学校に新しい先生がやって来た。東京の大学で演劇をやっていたというスッゴイ美人。「何だ、小っちゃいな、目標。行こうよ、全国」。え? すべてはその一言から始まった。高校演劇は負けたら終わり。男子よりも、勉強よりも大切な日々が幕を開ける。地方の高校演劇部を舞台に、一途な思いがぶつかり、交差し、きらめく。劇作家・平田オリザが満を持して放つ初めての小説。誰もが待っていた文化系青春小説の金字塔!

・配役(すべて原作にある役・設定も同じ)

百田夏菜子:高橋さおり(さおり)県立富士ケ丘高等学校演劇部部長。3年生/作・演出を務める
玉井詩織:橋爪裕子(ユッコ)県立富士ケ丘高等学校演劇部3年生/演劇部の看板女優。
高城れに:西条美紀(がるる)県立富士ケ丘高等学校演劇部3年生/部内のムードメーカー
有安杏果:中西悦子(中西さん)県内演劇強豪校からの転校生/県立富士ケ丘高等学校演劇部3年生
佐々木彩夏:加藤明美(明美ちゃん)県立富士ケ丘高等学校演劇部2年生 /さおりを慕う後輩部員
黒木華:吉岡美佐子(吉岡先生) 県立富士ケ丘高等学校 新任の先生 元・学生演劇の女王
ムロツヨシ:溝口先生 県立富士ケ丘高等学校演劇部 顧問
清水ミチコ:さおりの母
志賀廣太郎:滝田先生 県立富士ケ丘高等学校 国語教師

・舞台設定

地方都市の県立高校 県立富士ケ丘高等学校
(原作では北関東の県立高校/映画の中で具体的な地名は出てきませんが、富士山などのシーンがある。)

・時期設定

さおりたちの学年が2年生の10月から3年の11月まで、約1年間。

・準備期間

撮影前、2014年の7月から8月、数回にわたって平田オリザが演劇のワークショップを実施。

・撮影期間

2014年8月22日―10月8日(37日間)

・主な撮影場所(9割を静岡県内で撮影)

静岡:静岡市清水区 旧庵原高校 /県立富士宮北高校 /田方郡函南町 函南町文化センター など
都内:武蔵野美術大学 / アゴラ劇場 /東宝スタジオなど  茨城県:ひたちなか市
*最初の撮影場所(8月22日)⇒沼津市の田んぼ道 
*最後の撮影場所(10月8日)⇒静岡市清水区 旧庵原高校(2013年3月31日に廃校、一般立ち入り禁止)

・ももいろクローバーZ5人での映画出演・主演は本作が初めてではありません!

(映画版)『幕が上がる』
原作:平田オリザ著『幕が上がる』(講談社刊)
監督:本広克行(『踊る大捜査線』シリーズ)
脚本:喜安浩平(『桐島、部活やめるってよ』)
出演:百田夏菜子、玉井詩織、高城れに、有安杏果、佐々木彩夏
  黒木華、ムロツヨシ、清水ミチコ、志賀廣太郎
製作:「幕が上がる」製作委員会/制作プロダクション:ROBOT
配給:ティ・ジョイ/配給協力:東映
©2015「幕が上がる」製作委員会
2015年2月28日新宿バルト9他全国公開

(舞台版)『幕が上がる』
原作:平田オリザ著『幕が上がる』(講談社刊)
演出:本広克行(『踊る大捜査線』シリーズ)
脚本:平田オリザ
出演:百田夏菜子、玉井詩織、高城れに、有安杏果、佐々木彩夏ほか



sign-2.png

DJ松永(Creepy Nuts)

トラックを作り出すと同時に制作を始めたという1stアルバム「DA FOOLISH」で一躍知名度を高め、昨年発売した日本語ラップ MIX CD「This Time Vol.2」がロングセラーを続けるDJ松永。ヒルクライムのTOCが行うソロ活動においては専属DJを務め、今年はCreepy Nuts(R指定 & DJ松永) としてもフジロックに出演し注目を集めている。そんな彼が、待望の2ndアルバム「サーカス・メロディー」を10/15にリリースする。”フレッシュかつドープ””メロウでジャジー”と形容されるセクシーなトラックに”キャッチー”さもプラスされた本作は、TOC、SKY-HI、サイプレス上野、コッペパン、R-指定、FAKE-ID a.k.a FRAME、Jambo lacqueなど豪華MC陣を迎え見事なコラボレーションを聞かせてくれる。SARUnet.comでは「サーカス・メロディー」のリリースを記念し、アルバム制作のことはもちろん、DJを始めたキッカケまでさかのぼり話を聞いた。



sign-185.png

植木豪(PaniCrew)×千葉涼平(w-inds.)

日本ダンスシーンに多大な影響を与えるボーカルダンスユニット・PaniCrewのフロントマンであり、日本人初のブレイクダンス世界チャンピオンでもある植木豪が初演出を務める舞台『WASABEATS』。主演には、アジア全域で絶大な人気を誇るw-inds.の千葉涼平を向かえるとあって話題となっている本作。共演にはヘッドスピンのギネス記録保持者であり、“LMFAO”のワールドツアーに“Quest Crew”として参加している大野愛地。ブレイクダンサーとして数々の世界大会で優勝を果たしている内海貴司など、国内外で活躍するダンサー達が魅せる最高峰のスーパーダンスショーとなっている。



sign-64.png

松本享×水江未来

2012年5月、渋谷QUATTROで行われた「#7」ツアーファイナル公演をもって解散したバンド・Psysalia psysalis psyche(サイサリアサイサリスサイケ)。東京のインディーズシーンで暗躍し孤高のアートを続けていたPsysalia psysalis psycheが、6作連続で注目のクリエイターとコラボし作品を発表していたことは、多くのメディアで取り上げられていたので覚えている方も多いかもしれない。その6作連続の第4弾は、バンドの頭脳とも言われる松本亨のソロ作となった『AND AND』。この作品では世界的に活躍するアニメーション作家の水江未来とコラボしミュージックビデオを作成、チェコのAniFest 2012 国際アニメ映画祭「ミュージック・ビデオ部門」で最優秀賞し大きな話題となった。今回はそんな2人の初となる対談が実現。水江未来とのコラボに至った経緯や製作秘話までを独占収録。さらに今回は、水江未来が作成した『AND AND』のアニメーションと2人が融合する実験的な撮影を敢行。アニメーションと人間の融合・・・その答えはインタビューの中に。。。お楽しみ下さい。



sign-59.png

新井浩文VS大根仁

瑛太&松田龍平のコンビで、三浦しをん氏の直木賞受賞作を映画化した『まほろ駅前多田便利軒』の続編で、テレビ東京系の深夜枠でドラマ化された『まほろ駅前番外地』が、4/6から2週間限定で渋谷ユーロスペースで公開中。連日ゲストが登場し更なる盛り上がりを見せているが、4/11(木)は【新井浩文VS大根仁】と銘打った、またまた何かが起こりそうな舞台挨拶・・・何故VSなのかを紐解く2人の対談を余すことなく掲載!


sign-130.png

土屋太鳳

若手実力派女優として大注目の土屋太鳳。大学1年生とは思えないほどクールで大人っぽい雰囲気…かと思いきや、とても自然体。初主演となる映画『アルカナ』は、本体(人間)と分身が共存する世界で、分身が本体の心臓を奪い取ろうとするサイコ・スリラー作品。今作では本体(さつき)と分身(マキ)の一人二役を演じる土屋さん。作品の魅力について聞いていくうちに、等身大の可愛らしい一面と、仕事に対する熱い一面を垣間見ることが出来た。



sign-103.png

小宮山友祐(フットサルプレーヤー)

Fリーグ・バルドラール浦安所属。2004年・2008年・2012年フットサルW杯出場。

昨年、三浦知良選手も加入したフットサル日本代表は、W杯で初めて決勝トーナメント出場を果たしメディアを賑わせた。その代表メンバーでキャプテンを務めていたのが小宮山友祐である。2007年にスタートした"Fリーグ(日本フットサルリーグ)"に加盟し、千葉県浦安市をホームタウンとする"バルドラール浦安"で活躍するフットサルプレーヤーだ。大学卒業後は4年間に渡り高校で日本史を教え、2004年から日本代表としても世界を相手に戦ってきた。そんな小宮山のフットサルとの出会いから教員時代の話し、6/15に開幕したFリーグ、日本代表への想いまで。インタビューではフットサルへの情熱と、熱い人柄が伝わって来る言葉を聞くことが出来た。


CHUS ANTON

スペイン生まれのフォトグラファー”CHUS ANTON(チュス・アントン)”。スペインのファッション誌『Vanidad』編集長に見出され、ファッションページの撮影を中心にキャリアを積み、現在はフランス・パリをベースに、ヨーロッパ、日本、アメリカで活躍するアップカミングなフォトグラファーのひとりだ。ポップだがどこか哀愁のある作品は、エモーショナルでゆっくり流れる音楽をBGMに、続きが気になる映画を見ているような感覚にとらわれる。

AEOM_teaser.jpg



CLUB No1Z®︎ 2017-VIDEO
with DJ IDE KOJI&GO&HILOMU
URL:http://clubno1z.com



SARUnet/三月のパンタシア.png

INTERVIEW VOL.34
三月のパンタシア

everytokyo.jpeg


sign-4-2.png
sign-213.png
餓鬼レンジャー-1.jpg



sign-3.png



sign-18.png



sign-113.png



SARUnet/meagratia.png
sign-160.png
sign-83.png
tokyotrbe_sarunet.jpg
sign-99.png



sign-141.png
sign-47.png