HOME > NEWS|10/11より日本初公開となる陰鬱映画「SCUM」×「NEIGHBORHOOD」!容赦なき豪華コラボTシャツの発売が決定!!

10/11より日本初公開となる陰鬱映画「SCUM」×「NEIGHBORHOOD」!容赦なき豪華コラボTシャツの発売が決定!!




≪日本初公開!世界のどす黒い危険な闇映画≫を紹介する企画の第2弾として、いよいよ10/11より公開となる「SCUM」。公開日にNEIGHBORHOODとのコラボTシャツが発売されるという豪華過ぎるニュースが飛び込んで来た。

キネマ眼鏡/SCUM.jpg

「SCUM」は 1977 年に BBC にてTVムービーとして制作するも、イギリスの少年院の実態を赤裸々に描き、リアルすぎる暴力描写と体制批判により、各方面からの徹底した圧力がかかって放送禁止&お蔵入りに。しかしこの状況に屈しなかった映画制作者たちは2年後の1979年に同じ脚本、同じ監督、ほぼ同じキャストで劇場公開映画としてセルフリメイクされた経緯をもつ。「TV」から「映画」へと舞台を移し、当時社会問題ともなっていた少年院の暴力的な支 配/管理システムをリアリティ溢れる描写で提示している。

一方「NEIGHBORHOOD」は、モーターサイクルやその周辺のカウンターカルチャーに傾倒していた滝沢伸介氏により1994年に原宿でスタート。国内のみならず、海外でも人気を集める人気のドメスティックブランドだ。

この容赦なき豪華過ぎるコラボレーションは、お見逃し無く!

コラボTシャツ情報

商品名:SCUM / C-TEE . SS
価格:¥7,000+TAX
発売日:10/11(土)

■お問い合わせ先
NEIGHBORHOOD HARAJUKU:03-3401-1201
NEIGHBORHOOD SHIBUYA:03-3780-3204
http://www.neighborhood.jp/

作品情報

『SCUM/スカム』 <原題:SCUM(人間のクズ)>

キネマ眼鏡/SCUM1.jpg

今まで一度も日本で上映されてこなかった、世界の驚愕の映画を上映する≪初公開!世界の どす黒い危険な闇映画≫。第一弾の『荒野の千鳥足』に続き、第二弾として本作、1979 年イギリス 製作の超問題作『SCUM/スカム』を公開。本作の故アラン・クラーク監督作品の演出法に影響を 受けたと表明する映画人の中には、ポール・グリーングラス(『キャプテン・フィリップス』)、スティー ブン・フリアーズ(『あなたを抱きしめる日まで』)、デヴィッド・リーランド(「Made in Britain」の脚本)、 ダニー・ボイル(「Elephant」のプロデュース)といった監督たち、そして俳優では本作主演のレイ・ウ ィンストン、ゲイリー・オールドマン(「The Firm」主演)、“『SCUM/スカム』を見て役者になりたいと 思った”と語るティム・ロスらがいる。アメリカ人監督、ガス・ヴァン・サントのカンヌ映画祭パルムド ール+監督賞の W 受賞を果たした『エレファント』(2003)は、実はクラークの TV 作品「Elephant」と 題名を引用しただけでなく、ミニマルな映像スタイルをはじめ、大きな影響を受けて作られた作品 といわれている。また『ガンモ』(1997)、『スプリング・ブレイカーズ』(2012)などで知られる鬼才、ハ ーモニー・コリン監督も、あるインタビューでクラーク監督を絶賛し、“もし誰かに一番好きな、もしく は最も偉大だと思う監督は?と聞かれたら、躊躇なくアラン・クラークと答える。彼の自然な語り口 と作品の本質を突いた演出は本当に凄い。クラーク監督の表現以外の何物でもない。彼こそ世界 で最後の本当の聖なる映画監督だ。”と語っている。

ストーリー:イギリスのとある少年院に収監されたカーリンは、その世界に君臨するクズども〈SCU M/スカム〉と、グルになっている監守らからの不条理な暴力に耐える。しかしカーリンはその閉ざ された世界での生き残る術を次第に身につけていく…。

監督:故アラン・クラーク「MADE IN BRITAIN」
出演:レイ・ウィンストン「ディパーテッド」、ミック・フォード「光年のかなた」、ジュリアン・ファース「バ ンク・ジョブ」、フィル・ダニエルズ「さらば青春の光」
1979 年/イギリス映画/97 分/ビスタサイズ/デジタル上映
字幕監修:TAYLOW(the 原爆オナニーズ)
提供・配給:キングレコード
配給協力・宣伝:ビーズインターナショナル
© Kendon Films Ltd. MCMLXXIX All Rights Reserved.
Facebook: https://www.facebook.com/scum.jp
twitter: @scum_jp



sign-2.png

DJ松永(Creepy Nuts)

トラックを作り出すと同時に制作を始めたという1stアルバム「DA FOOLISH」で一躍知名度を高め、昨年発売した日本語ラップ MIX CD「This Time Vol.2」がロングセラーを続けるDJ松永。ヒルクライムのTOCが行うソロ活動においては専属DJを務め、今年はCreepy Nuts(R指定 & DJ松永) としてもフジロックに出演し注目を集めている。そんな彼が、待望の2ndアルバム「サーカス・メロディー」を10/15にリリースする。”フレッシュかつドープ””メロウでジャジー”と形容されるセクシーなトラックに”キャッチー”さもプラスされた本作は、TOC、SKY-HI、サイプレス上野、コッペパン、R-指定、FAKE-ID a.k.a FRAME、Jambo lacqueなど豪華MC陣を迎え見事なコラボレーションを聞かせてくれる。SARUnet.comでは「サーカス・メロディー」のリリースを記念し、アルバム制作のことはもちろん、DJを始めたキッカケまでさかのぼり話を聞いた。



sign-185.png

植木豪(PaniCrew)×千葉涼平(w-inds.)

日本ダンスシーンに多大な影響を与えるボーカルダンスユニット・PaniCrewのフロントマンであり、日本人初のブレイクダンス世界チャンピオンでもある植木豪が初演出を務める舞台『WASABEATS』。主演には、アジア全域で絶大な人気を誇るw-inds.の千葉涼平を向かえるとあって話題となっている本作。共演にはヘッドスピンのギネス記録保持者であり、“LMFAO”のワールドツアーに“Quest Crew”として参加している大野愛地。ブレイクダンサーとして数々の世界大会で優勝を果たしている内海貴司など、国内外で活躍するダンサー達が魅せる最高峰のスーパーダンスショーとなっている。



sign-64.png

松本享×水江未来

2012年5月、渋谷QUATTROで行われた「#7」ツアーファイナル公演をもって解散したバンド・Psysalia psysalis psyche(サイサリアサイサリスサイケ)。東京のインディーズシーンで暗躍し孤高のアートを続けていたPsysalia psysalis psycheが、6作連続で注目のクリエイターとコラボし作品を発表していたことは、多くのメディアで取り上げられていたので覚えている方も多いかもしれない。その6作連続の第4弾は、バンドの頭脳とも言われる松本亨のソロ作となった『AND AND』。この作品では世界的に活躍するアニメーション作家の水江未来とコラボしミュージックビデオを作成、チェコのAniFest 2012 国際アニメ映画祭「ミュージック・ビデオ部門」で最優秀賞し大きな話題となった。今回はそんな2人の初となる対談が実現。水江未来とのコラボに至った経緯や製作秘話までを独占収録。さらに今回は、水江未来が作成した『AND AND』のアニメーションと2人が融合する実験的な撮影を敢行。アニメーションと人間の融合・・・その答えはインタビューの中に。。。お楽しみ下さい。



sign-59.png

新井浩文VS大根仁

瑛太&松田龍平のコンビで、三浦しをん氏の直木賞受賞作を映画化した『まほろ駅前多田便利軒』の続編で、テレビ東京系の深夜枠でドラマ化された『まほろ駅前番外地』が、4/6から2週間限定で渋谷ユーロスペースで公開中。連日ゲストが登場し更なる盛り上がりを見せているが、4/11(木)は【新井浩文VS大根仁】と銘打った、またまた何かが起こりそうな舞台挨拶・・・何故VSなのかを紐解く2人の対談を余すことなく掲載!


sign-130.png

土屋太鳳

若手実力派女優として大注目の土屋太鳳。大学1年生とは思えないほどクールで大人っぽい雰囲気…かと思いきや、とても自然体。初主演となる映画『アルカナ』は、本体(人間)と分身が共存する世界で、分身が本体の心臓を奪い取ろうとするサイコ・スリラー作品。今作では本体(さつき)と分身(マキ)の一人二役を演じる土屋さん。作品の魅力について聞いていくうちに、等身大の可愛らしい一面と、仕事に対する熱い一面を垣間見ることが出来た。



sign-103.png

小宮山友祐(フットサルプレーヤー)

Fリーグ・バルドラール浦安所属。2004年・2008年・2012年フットサルW杯出場。

昨年、三浦知良選手も加入したフットサル日本代表は、W杯で初めて決勝トーナメント出場を果たしメディアを賑わせた。その代表メンバーでキャプテンを務めていたのが小宮山友祐である。2007年にスタートした"Fリーグ(日本フットサルリーグ)"に加盟し、千葉県浦安市をホームタウンとする"バルドラール浦安"で活躍するフットサルプレーヤーだ。大学卒業後は4年間に渡り高校で日本史を教え、2004年から日本代表としても世界を相手に戦ってきた。そんな小宮山のフットサルとの出会いから教員時代の話し、6/15に開幕したFリーグ、日本代表への想いまで。インタビューではフットサルへの情熱と、熱い人柄が伝わって来る言葉を聞くことが出来た。


CHUS ANTON

スペイン生まれのフォトグラファー”CHUS ANTON(チュス・アントン)”。スペインのファッション誌『Vanidad』編集長に見出され、ファッションページの撮影を中心にキャリアを積み、現在はフランス・パリをベースに、ヨーロッパ、日本、アメリカで活躍するアップカミングなフォトグラファーのひとりだ。ポップだがどこか哀愁のある作品は、エモーショナルでゆっくり流れる音楽をBGMに、続きが気になる映画を見ているような感覚にとらわれる。

AEOM_teaser.jpg



CLUB No1Z®︎ 2017-VIDEO
with DJ IDE KOJI&GO&HILOMU
URL:http://clubno1z.com

everytokyo.jpeg


sign-4-2.png
sign-213.png
餓鬼レンジャー-1.jpg



sign-3.png



sign-18.png



sign-113.png



SARUnet/meagratia.png
sign-160.png
sign-83.png
tokyotrbe_sarunet.jpg
sign-99.png



sign-141.png
sign-47.png