HOME > NEWS|たむらまさき×染谷将太×黒川芽以×永瀬正敏…年齢差50歳以上!本物の才能が奏でる極上シンフォニー !!「ドライブイン蒲生」が8/2から公開。

たむらまさき×染谷将太×黒川芽以×永瀬正敏…年齢差50歳以上!本物の才能が奏でる極上シンフォニー !!「ドライブイン蒲生」が8/2より公開スタート。





本作は幅広い年齢層から支持を得る伊藤たかみの「ドライブイン蒲生」が原作となっている。時代の境目で 不器用にあがく父親と姉弟の関係を、既に無くなりつつある「ドライブイン」という時代遅れのユニークな舞台 装置を用いて飄々と描いた、作家の“最高傑作”としても名高い作品だ。

SARUnet/ドライブイン蒲生.jpg

そんな人気作を監督するのは、“75 歳の遅咲きの新人監督”たむらまさき。「キャメラマン・田村正毅」として 知られ、小川紳介監督“三里塚”シリーズはじめ、柳町光男、相米慎二、石井聰亙監督の諸作品を手がけてきた。 2003 年からは「たむらまさき」名義で、『サッド ヴァケイション』(青山真治)、『私は猫ストーカー』『ゲゲゲの 女房』(鈴木卓爾)など、一貫して日本のインディペンデント映画の屋台骨を支えてきた伝説の撮影監督である。 本作は話題となった『ゲゲゲの女房』以来初の作品であり記念すべき監督デビュー作となる。

SARUnet/ドライブイン蒲生2.jpg

出演は弱冠 21 歳にして映画出演総数 40 本以上、『WOOD JOB!(ウッジョブ)』(矢口史靖)、待機作『寄生獣』 (山崎貴)でも主演を務める注目の若手実力派俳優・染谷将太。圧倒的なオーラを感じさせる存在感で、父と姉 の葛藤の板挟みとなる純朴な高校生を好演。

姉役には『ぼくたちの家族』(石井裕也)、主演『南風』(萩生田宏 治)の公開を控える黒川芽以。自身念願であった初のヤンキー役に抜擢され、やさぐれるほどに「オンナ」とし ての魅力を増し、弟から見ても色気を感じさせる女性像に体当たりでチャレンジしている。

また、姉弟の父親役 には永瀬正敏。デビュー作『ションベン・ライダー』(相米慎二)でたむらのカメラの前に立てたことを誇りに 感じる永瀬が、芸能生活 30 周年作品として友情出演。音楽は豊田利晃作品の楽曲を担当している、ヤマジカズ ヒデ。ヤマジのサイケなギターサウンドが蒲生姉弟の気持ちの流れを随所で表現している。



あらすじ

街道沿いのさびれた「ドライブイン蒲生」に生まれ育った姉・サキ(黒川芽以)と弟・トシ(染谷将太)。だが、ヤクザ崩れでろくでなしの父(永瀬正敏)のせいで、ふたりの人生は物心ついた時から「バカの一家」と周囲から蔑まれる日々。スナック勤めで糊口をしのぐ母も父には逆らえない。「あたしたちは、まともな家の子じゃないんだ!」と理不尽な人生に絶望したサキは、いつしか髪を染めヤンキーのあばずれに。あげくの果てに、妊娠して家を飛び出してしまい、早や数年が経っていた…。

そんなある日、サキが現夫からDVを受け、ドライブイン蒲生に出戻ってきた。ヨリを戻すのか別れるのか? オトシマエをつけるべく、トシの制止を振り切って最後の家族会議に向かう姉弟と姉の幼い娘。道中、ふたりに去来する想いは意外なことに、今は亡きろくでなしの父のことだった…。ハンパ者の血を受け継ぐ子どもたちが、大人になって初めて父の抱えていた哀惜に想いを馳せつつ、いま決戦の場におもむく。

作品情報

■8月2日(土)より、シアター・イメージフォーラムほか 全国順次

『ドライブイン蒲生』

出演:
染谷将太 黒川芽以 永瀬正敏 小林ユウキチ 猫田直 平澤宏々路 
吉岡睦雄 黒田大輔 鈴木晋介 足立智充 田村愛

監督・撮影:たむらまさき/原作:伊藤たかみ
プロデューサー:石井稔久(キングレコード株式会社)/製作:キングレコード(株)
企画・プロデュース:越川道夫/企画協力:(株)河出書房新社
音楽プロデューサー:平田和彦/脚本:大石三知子
撮影補:戸田義久/照明:山本浩資/美術:平井敦郎/音響:菊池信之/編集:菊井貴繁
音楽:ヤマジカズヒデ

2014年/89分/ビスタ/カラー
制作:スローラーナー 配 給:コピアポア・フィルム
© 2014 伊藤たかみ/キングレコード株式会社
公式サイト: http://drive-in-gamo.com



sign-2.png

DJ松永(Creepy Nuts)

トラックを作り出すと同時に制作を始めたという1stアルバム「DA FOOLISH」で一躍知名度を高め、昨年発売した日本語ラップ MIX CD「This Time Vol.2」がロングセラーを続けるDJ松永。ヒルクライムのTOCが行うソロ活動においては専属DJを務め、今年はCreepy Nuts(R指定 & DJ松永) としてもフジロックに出演し注目を集めている。そんな彼が、待望の2ndアルバム「サーカス・メロディー」を10/15にリリースする。”フレッシュかつドープ””メロウでジャジー”と形容されるセクシーなトラックに”キャッチー”さもプラスされた本作は、TOC、SKY-HI、サイプレス上野、コッペパン、R-指定、FAKE-ID a.k.a FRAME、Jambo lacqueなど豪華MC陣を迎え見事なコラボレーションを聞かせてくれる。SARUnet.comでは「サーカス・メロディー」のリリースを記念し、アルバム制作のことはもちろん、DJを始めたキッカケまでさかのぼり話を聞いた。



sign-185.png

植木豪(PaniCrew)×千葉涼平(w-inds.)

日本ダンスシーンに多大な影響を与えるボーカルダンスユニット・PaniCrewのフロントマンであり、日本人初のブレイクダンス世界チャンピオンでもある植木豪が初演出を務める舞台『WASABEATS』。主演には、アジア全域で絶大な人気を誇るw-inds.の千葉涼平を向かえるとあって話題となっている本作。共演にはヘッドスピンのギネス記録保持者であり、“LMFAO”のワールドツアーに“Quest Crew”として参加している大野愛地。ブレイクダンサーとして数々の世界大会で優勝を果たしている内海貴司など、国内外で活躍するダンサー達が魅せる最高峰のスーパーダンスショーとなっている。



sign-64.png

松本享×水江未来

2012年5月、渋谷QUATTROで行われた「#7」ツアーファイナル公演をもって解散したバンド・Psysalia psysalis psyche(サイサリアサイサリスサイケ)。東京のインディーズシーンで暗躍し孤高のアートを続けていたPsysalia psysalis psycheが、6作連続で注目のクリエイターとコラボし作品を発表していたことは、多くのメディアで取り上げられていたので覚えている方も多いかもしれない。その6作連続の第4弾は、バンドの頭脳とも言われる松本亨のソロ作となった『AND AND』。この作品では世界的に活躍するアニメーション作家の水江未来とコラボしミュージックビデオを作成、チェコのAniFest 2012 国際アニメ映画祭「ミュージック・ビデオ部門」で最優秀賞し大きな話題となった。今回はそんな2人の初となる対談が実現。水江未来とのコラボに至った経緯や製作秘話までを独占収録。さらに今回は、水江未来が作成した『AND AND』のアニメーションと2人が融合する実験的な撮影を敢行。アニメーションと人間の融合・・・その答えはインタビューの中に。。。お楽しみ下さい。



sign-59.png

新井浩文VS大根仁

瑛太&松田龍平のコンビで、三浦しをん氏の直木賞受賞作を映画化した『まほろ駅前多田便利軒』の続編で、テレビ東京系の深夜枠でドラマ化された『まほろ駅前番外地』が、4/6から2週間限定で渋谷ユーロスペースで公開中。連日ゲストが登場し更なる盛り上がりを見せているが、4/11(木)は【新井浩文VS大根仁】と銘打った、またまた何かが起こりそうな舞台挨拶・・・何故VSなのかを紐解く2人の対談を余すことなく掲載!


sign-130.png

土屋太鳳

若手実力派女優として大注目の土屋太鳳。大学1年生とは思えないほどクールで大人っぽい雰囲気…かと思いきや、とても自然体。初主演となる映画『アルカナ』は、本体(人間)と分身が共存する世界で、分身が本体の心臓を奪い取ろうとするサイコ・スリラー作品。今作では本体(さつき)と分身(マキ)の一人二役を演じる土屋さん。作品の魅力について聞いていくうちに、等身大の可愛らしい一面と、仕事に対する熱い一面を垣間見ることが出来た。



sign-103.png

小宮山友祐(フットサルプレーヤー)

Fリーグ・バルドラール浦安所属。2004年・2008年・2012年フットサルW杯出場。

昨年、三浦知良選手も加入したフットサル日本代表は、W杯で初めて決勝トーナメント出場を果たしメディアを賑わせた。その代表メンバーでキャプテンを務めていたのが小宮山友祐である。2007年にスタートした"Fリーグ(日本フットサルリーグ)"に加盟し、千葉県浦安市をホームタウンとする"バルドラール浦安"で活躍するフットサルプレーヤーだ。大学卒業後は4年間に渡り高校で日本史を教え、2004年から日本代表としても世界を相手に戦ってきた。そんな小宮山のフットサルとの出会いから教員時代の話し、6/15に開幕したFリーグ、日本代表への想いまで。インタビューではフットサルへの情熱と、熱い人柄が伝わって来る言葉を聞くことが出来た。


CHUS ANTON

スペイン生まれのフォトグラファー”CHUS ANTON(チュス・アントン)”。スペインのファッション誌『Vanidad』編集長に見出され、ファッションページの撮影を中心にキャリアを積み、現在はフランス・パリをベースに、ヨーロッパ、日本、アメリカで活躍するアップカミングなフォトグラファーのひとりだ。ポップだがどこか哀愁のある作品は、エモーショナルでゆっくり流れる音楽をBGMに、続きが気になる映画を見ているような感覚にとらわれる。

AEOM_teaser.jpg



CLUB No1Z®︎ 2017-VIDEO
with DJ IDE KOJI&GO&HILOMU
URL:http://clubno1z.com



SARUnet/三月のパンタシア.png

INTERVIEW VOL.34
三月のパンタシア

everytokyo.jpeg


sign-4-2.png
sign-213.png
餓鬼レンジャー-1.jpg



sign-3.png



sign-18.png



sign-113.png



SARUnet/meagratia.png
sign-160.png
sign-83.png
tokyotrbe_sarunet.jpg
sign-99.png



sign-141.png
sign-47.png