HOME > NEWS|日曜オリジナルドラマ「連続ドラマW 誤断」—製薬会社の隠蔽問題を描いた社会派ヒューマンサスペンス!玉山鉄二“マッサン”以降連ドラ初単独主演が決定!!

日曜オリジナルドラマ「連続ドラマW 誤断」—製薬会社の隠蔽問題を描いた社会派ヒューマンサスペンス!玉山鉄二“マッサン”以降連ドラ初単独主演が決定!!

WOWOWにて11月22日(日)22:00から、「連続ドラマW 誤断」(第1話無料放送)を放送することが決定した。原作は『アナザーフェイス』シリーズや『複合捜査』などの作品で知られる作家・堂場瞬一の社会派ヒューマンサスペンス小説『誤断』(中央公論新社刊)。

SARUnet_連続ドラマW誤断.jpg

舞台は薬害事件を抱える大手製薬会社。法の網をかいくぐってでも会社の繁栄と存続を優先する昭和を生きた企業人、巨大企業の利益のために犠牲となった被害者たち、そして、上司の命令に従いながらも会社と被害者との狭間で揺れる平成を生きる会社員。さまざまな人々の思惑が交錯する群像劇の中で、隠蔽工作を指示された若手社員が企業の闇に飲み込まれていく様を描く。実社会でも粉飾決算や食品偽装など企業が起こす事件は絶えない。本作は、問題が巣くう企業とその関係者に焦点を当てることで“昭和と平成”、新旧の異なった価値観が同居する「現代」という時代の構造を浮き彫りにする。

主演はNHK連続テレビ小説「マッサン」以降、連続ドラマ初単独主演となる玉山鉄二。副社長から不祥事の隠蔽を指示され、良心と社命とのはざまで思い悩む若手社員・槙田を演じる。 その恋人役には、数々の映画やドラマに出演し、立て続けに連続ドラマの主演を務め人気上昇中の女優・蓮佛美沙子。さらに、宝塚退団後も目覚ましい活躍を見せる大空祐飛が連続ドラマに初出演し、謎の女を演じる。そして、槙田の良き相談相手で製薬会社の顧問弁護士役に柳葉敏郎、企業に人生を捧げた副社長役を小林薫、その他、泉谷しげる、中村敦夫ら豪華実力派キャストが集結した。また、脚本は「マッサン」を手掛けた羽原大介が主演の玉山と再びタッグを組む。

本情報解禁に合わせて原作者の堂場瞬一氏とWOWOWプロデューサーの堤口氏よりコメントも到着!

■堂場瞬一

①「誤断」の映像化が決まった際のお気持ちは?

映像化は難しい作品だと思っていたので、正直、何というチャレンジかと驚きました。これまで何度も書いてきた「組織」に改めて焦点を当てた小説なのですが、警察小説だと事件が絡んで派手な展開にするのも可能なのに対して、「会社」が舞台の場合、動きが地味になりがちだからです。故に映像向きではないと考えていたのですが、この地味で気が重くなる小説がどんな映像作品に仕上がるのか、今から楽しみにしています。

②本作のテーマを題材にして、一番伝えたかったことは?
公害・薬害問題が表面上のテーマになっているのですが、実際に描きたかったのは「隠蔽」です。最近、「下手な隠蔽が発覚してさらに事態が悪化する」事案が目立ちます。そんなことは自明の理のはずなのに、どうして人は真実を隠してしまうのでしょうか。人間は本来、平気で嘘をつける生き物なのか、あるいは会社という組織が人を変えてしまうのか――組織の裏にある人間の本質を必死で考えた小説です。

③視聴者へのメッセージ

警察小説を多く書いている中で、今回は真っ向から「会社」というものに挑んだ作品でした。人は誰でも何かしらの組織の中で生きているわけですが、順風満帆の人よりも、「これでいいのか」という忸怩たる気持ちを抱いている人の方がはるかに多いでしょう。私も書いている中で、登場人物たちに感情移入して悩みました。このドラマでは、渦巻く葛藤がさらに強く描き出されるはずです。それを見守っていただければ幸いです。

■堤口敬太プロデューサー

キャスティング理由

連続ドラマW「誤断」の主人公である槙田は、昭和の会社員と違い、会社に固執せず派閥にも属さない、企業という組織や仕事に対してクールな平成の会社員です。しかし、会社の隠ぺい事件に巻き込まれ、被害者遺族と会社との間で揺れながら、会社や被害者遺族と向き合っていく中で、主人公の心の内側にある熱い想いと誠実さが表れていきます。玉山鉄二さんは、クールな役から熱い役まで幅広く演じられている上に、誠実さをも兼ね備えていらっしゃる役者さんです。さらにさまざまな人々の思惑の中で葛藤する主人公の複雑な感情を丁寧に表現していただけると思い、本作の主人公・槙田役でオファーさせていただきました。また、連続ドラマ小説「マッサン」以降、初の連続ドラマ単独主演となる上、「マッサン」とは真逆の役柄、会社の不正に手を染めてしまうかもしれない現代の平成の会社員役をどう演じてもらえるか楽しみです。

日曜オリジナルドラマ「連続ドラマW 誤断」


不可解な転落死を招いた薬害事件が勃発――。
企業内で揺れ動く男たちの倫理。社会正義か会社の利益か。

ストーリー
大手製薬会社・長原製薬の広報部員・槙田高弘(玉山鉄二)は、通勤途中、駅で飛び込み自殺に遭遇。数日後、副社長の安城隆雄(小林薫)に呼び出された槙田は、あの自殺事件に自社の薬品が関係している可能性があることを告げられる。安城の特命で警察に探りを入れる槙田。今、業績不振にあえぐ長原製薬にとって外資との合併交渉が破談になると致命傷になりかねない。婚約者で安城の秘書・森田真弓(蓮佛美沙子)に自らの極秘任務を話せない槙田。そんな中、検死の結果報告に渦中の薬品の成分が記載されていることを知る。厚生労働省への報告義務がある中、安城が槙田に下した判断は、被害者遺族との示談と薬害の隠蔽であった。会社の命運を背負い困惑する槙田は、合併後に安城が排除しようとしている社長派の顧問弁護士・高藤辰美(柳葉敏郎)に助けを求めようとしてしまう。はたして、槙田は会社の利益のために自らの手を汚してしまうのか・・・

原作:堂場瞬一「誤断」(中央公論新社刊) 
脚本:羽原大介(『フラガール』「連続テレビ小説 マッサン」)
監督:村上牧人(「連続ドラマW 女と男の熱帯」)、古厩智之(『武士道シックスティーン』『ホームレス中学生』)
音楽:中島ノブユキ(『人間失格』『悼む人』)
出演:玉山鉄二 蓮佛美沙子 大空祐飛 足立梨花 小市慢太郎 中田喜子 市毛良枝 泉谷しげる 中村敦夫 柳葉敏郎 小林薫 ほか



sign-2.png

DJ松永(Creepy Nuts)

トラックを作り出すと同時に制作を始めたという1stアルバム「DA FOOLISH」で一躍知名度を高め、昨年発売した日本語ラップ MIX CD「This Time Vol.2」がロングセラーを続けるDJ松永。ヒルクライムのTOCが行うソロ活動においては専属DJを務め、今年はCreepy Nuts(R指定 & DJ松永) としてもフジロックに出演し注目を集めている。そんな彼が、待望の2ndアルバム「サーカス・メロディー」を10/15にリリースする。”フレッシュかつドープ””メロウでジャジー”と形容されるセクシーなトラックに”キャッチー”さもプラスされた本作は、TOC、SKY-HI、サイプレス上野、コッペパン、R-指定、FAKE-ID a.k.a FRAME、Jambo lacqueなど豪華MC陣を迎え見事なコラボレーションを聞かせてくれる。SARUnet.comでは「サーカス・メロディー」のリリースを記念し、アルバム制作のことはもちろん、DJを始めたキッカケまでさかのぼり話を聞いた。



sign-185.png

植木豪(PaniCrew)×千葉涼平(w-inds.)

日本ダンスシーンに多大な影響を与えるボーカルダンスユニット・PaniCrewのフロントマンであり、日本人初のブレイクダンス世界チャンピオンでもある植木豪が初演出を務める舞台『WASABEATS』。主演には、アジア全域で絶大な人気を誇るw-inds.の千葉涼平を向かえるとあって話題となっている本作。共演にはヘッドスピンのギネス記録保持者であり、“LMFAO”のワールドツアーに“Quest Crew”として参加している大野愛地。ブレイクダンサーとして数々の世界大会で優勝を果たしている内海貴司など、国内外で活躍するダンサー達が魅せる最高峰のスーパーダンスショーとなっている。



sign-64.png

松本享×水江未来

2012年5月、渋谷QUATTROで行われた「#7」ツアーファイナル公演をもって解散したバンド・Psysalia psysalis psyche(サイサリアサイサリスサイケ)。東京のインディーズシーンで暗躍し孤高のアートを続けていたPsysalia psysalis psycheが、6作連続で注目のクリエイターとコラボし作品を発表していたことは、多くのメディアで取り上げられていたので覚えている方も多いかもしれない。その6作連続の第4弾は、バンドの頭脳とも言われる松本亨のソロ作となった『AND AND』。この作品では世界的に活躍するアニメーション作家の水江未来とコラボしミュージックビデオを作成、チェコのAniFest 2012 国際アニメ映画祭「ミュージック・ビデオ部門」で最優秀賞し大きな話題となった。今回はそんな2人の初となる対談が実現。水江未来とのコラボに至った経緯や製作秘話までを独占収録。さらに今回は、水江未来が作成した『AND AND』のアニメーションと2人が融合する実験的な撮影を敢行。アニメーションと人間の融合・・・その答えはインタビューの中に。。。お楽しみ下さい。



sign-59.png

新井浩文VS大根仁

瑛太&松田龍平のコンビで、三浦しをん氏の直木賞受賞作を映画化した『まほろ駅前多田便利軒』の続編で、テレビ東京系の深夜枠でドラマ化された『まほろ駅前番外地』が、4/6から2週間限定で渋谷ユーロスペースで公開中。連日ゲストが登場し更なる盛り上がりを見せているが、4/11(木)は【新井浩文VS大根仁】と銘打った、またまた何かが起こりそうな舞台挨拶・・・何故VSなのかを紐解く2人の対談を余すことなく掲載!


sign-130.png

土屋太鳳

若手実力派女優として大注目の土屋太鳳。大学1年生とは思えないほどクールで大人っぽい雰囲気…かと思いきや、とても自然体。初主演となる映画『アルカナ』は、本体(人間)と分身が共存する世界で、分身が本体の心臓を奪い取ろうとするサイコ・スリラー作品。今作では本体(さつき)と分身(マキ)の一人二役を演じる土屋さん。作品の魅力について聞いていくうちに、等身大の可愛らしい一面と、仕事に対する熱い一面を垣間見ることが出来た。



sign-103.png

小宮山友祐(フットサルプレーヤー)

Fリーグ・バルドラール浦安所属。2004年・2008年・2012年フットサルW杯出場。

昨年、三浦知良選手も加入したフットサル日本代表は、W杯で初めて決勝トーナメント出場を果たしメディアを賑わせた。その代表メンバーでキャプテンを務めていたのが小宮山友祐である。2007年にスタートした"Fリーグ(日本フットサルリーグ)"に加盟し、千葉県浦安市をホームタウンとする"バルドラール浦安"で活躍するフットサルプレーヤーだ。大学卒業後は4年間に渡り高校で日本史を教え、2004年から日本代表としても世界を相手に戦ってきた。そんな小宮山のフットサルとの出会いから教員時代の話し、6/15に開幕したFリーグ、日本代表への想いまで。インタビューではフットサルへの情熱と、熱い人柄が伝わって来る言葉を聞くことが出来た。


CHUS ANTON

スペイン生まれのフォトグラファー”CHUS ANTON(チュス・アントン)”。スペインのファッション誌『Vanidad』編集長に見出され、ファッションページの撮影を中心にキャリアを積み、現在はフランス・パリをベースに、ヨーロッパ、日本、アメリカで活躍するアップカミングなフォトグラファーのひとりだ。ポップだがどこか哀愁のある作品は、エモーショナルでゆっくり流れる音楽をBGMに、続きが気になる映画を見ているような感覚にとらわれる。

AEOM_teaser.jpg



CLUB No1Z®︎ 2017-VIDEO
with DJ IDE KOJI&GO&HILOMU
URL:http://clubno1z.com

everytokyo.jpeg


sign-4-2.png
sign-213.png
餓鬼レンジャー-1.jpg



sign-3.png



sign-18.png



sign-113.png



SARUnet/meagratia.png
sign-160.png
sign-83.png
tokyotrbe_sarunet.jpg
sign-99.png



sign-141.png
sign-47.png