HOME > インタビュー Vol.29|tofubeats


インディーズでの活動期より、メジャーアーティストのリミックスを多く手掛け、アルバム『lost decade』がiTunes総合チャートで1位を獲得するなど注目を集めていたtofubeats。初めてtofubeatsの存在を知った時に感じたニュートラルな印象は、メジャーデビューしてからも変わらない。その活動は、コンパスのように支点は変わらず、描く円がどんどん大きくなっているようなイメージに近い。

そんな彼が、メジャーに活動の場を移して2枚目となるニュー・アルバムをリリースした。Okadada、岸田繁(くるり)、KREVA、小室哲哉、Skylar Spence、玉城ティナ、Dream Ami、中納良恵(EGO-WRAPPIN’)など、超豪華なゲストアーティスト達が参加したアルバムタイトルは『POSITIVE』。自身のことを「もともとネガティブ」だと語るtofubeatsが、ポジティブに舵を取った世界とは。







メジャーデビューから約2年になりますが、大活躍ですね。ご自身ではこの状況をどう感じていますか?

2年続いて良かったなと思います(笑)。色々な仕事をやらせてもらっているんですけど、そこまで大活躍だな〜という自覚があるわけでもなくて、ずっと同じ感じで続けられているので、ありがたいです。

今年もSMAPさんをはじめ、リミックスなどを多数手掛けていましたが、どれも原曲の良さがありつつtofubeatsさん感が出ていて良かったです。リミックスにおけるセオリーなどあるんですか?

原曲には原曲の良さが絶対にありますし、原曲を好きな方もいらっしゃるので、それを潰して作り変えるのだけはよくないなと思っています。あくまでも自分は角度を回してあげるというか、違うところから見れるようにするというのを意識していますね。

常に原曲のファンを意識して作っているんですね。

そうですね。なおかつ、原曲を好きな方が違う角度に気付いてくれたらいいなと思っていて。それが出来ているかいないかはさておき、そういう気持ちでいつも作っています。

ニュー・アルバム『POSITIVE』ですが、ゲストアーティスト陣が並んだ資料を見てビックリしました。これを世に出すという、今の心境を聞いてみたいです。

作っている時は違和感ないと思ってたんですよ。いつもリリース前に、自分でウェブサイトを作るんですけど、ゲストアーティストを並べた画像を仕込んでる時に「なんだ、この並び」と思って(笑)。そこで初めて、ちょっと面白いな思ってきました。

SARUnet.com/tofubetas_POSITIVE.JPG

メジャー1stアルバムである前作『First Album』の制作がタイトだったという話がありましたが、今回はいかがでしたか?

『First Album』に比べれば、今回は先行シングルが「STAKEHOLDER」だけだったこともあって、そこまで無理なくできました。その余裕が、このアルバムをキュッとまとめてくれて。前作を踏まえて、制作のスケジューリングをしっかりやっていこうというのがあったので、それが成功したんじゃないかなと思いますね。相変わらずバタバタはしたんですけど。

タイトルも印象的ですよね。これまでにリリースしたアルバムのタイトル『lost decade』『First Album』は、その時のtofubeatsさんの状況とリンクしていたように思いますが。

自分でもこのタイトルになった時にヤバいなと思ったんですけど(笑)。けっこう最初の段階で決まっていて、これは“ポジティブになっていこう”という意味でつけたタイトルなんですよ。

どういうことですか?

一番初めに玉城さんとの曲を作っていたんですけど、曲が書けなさすぎて、締め切りを飛ばしてしまったんです。スタッフから東京によばれて、話してる時に「もっとポジティブになった方がいいよ、ネガティブすぎるよ」と言われて。もともとネガティブだと思うんですけど、その言葉が自分の中で残っていたんですよ。社会人も2年経って、あんまり愚痴とか言ってられへんな〜って。その後のデザイン会議でこの話をした時に、デザイナーが紙にPOSITIVEって書いてみたら、意外と字面いいね!みたいな。それで仮タイトルになったんですけど、そしたらPOSITIVEという言葉に引っ張られて、今回はPOSITIVEありきで作ったので、最終的にポジティブな感じになったのかなと思います。

今回のアルバムタイトルは制作中のメンタルとリンクしていたんですね。

最初は超ネガティブだったんで、ポジティブに上げてこう!みたいな(笑)。そうしたらAmiさんも決まって。

そういう時系列なんですね!?

POSITIVEを仮タイトルにしてからAmiさんにオファーしてるので。

なるほど。しかしこれだけのアーティスト陣が参加すると、自然とポジティブになれそうですし、POSITIVEという言葉にも説得力も出てきますね。

そうですね。あと、こういう並びを恐れずにいってみよう!っていうのはありました(笑)。

アルバムと同名の「POSITIVE feat. Dream Ami」は、色んな音楽を昇華して生まれるtofu印のポップスというか、聞くだけで無条件に楽しくなります。すでに先行配信もされていますが、手応えは?

毎回そうなんですけど、曲ができた時が一番嬉しいので。自分では、世の中に出た時の反応はそこまで分からないんですよね。でも、いい曲だねっていう反応は嬉しいです。

個人的にはKREVAさんのフィーチャリングが、特に驚きでした。tofubeatsさんが音楽を始めた時には、もうKICK THE CAN CREWでデビューしていましたよね。

そうです、KICK THE CAN CREW全盛期ですね。

KREVAさんについてどんな印象をお持ちでしたか?

若手のラッパーを呼ぶというのも最初は考えていたんですけど。POSITIVEってなった時に、ポジティブな人を呼ばなきゃと思って、KREVAさんが思い浮かんだんです。つまり自分の中で、ポジティブな印象のあるアーティストですね。やっぱりラップをあそこまで大きいところにもっていった人なので。

確かにKREVAさんの曲はリリックも力強くポジティブな印象があります。

これはいつも思うんですけど、有名な人とコラボするのは、もちろんボクが下駄を履かせてもらってるというか、よくしてもらっているというのはありますけど。なによりも、J-POPを分かっている人たちとご一緒することによって、ボク自身がJ-POPとはなにかが分かる。それがやっぱり嬉しいし、面白いからやりたいというのがあります。そういう意味では、色々通ってきた人とやりたいので、KREVAさんにお願いしました。

tofubeatsさんとkREVAさんって、なんか似てるなと思っていて。

マジですか(笑)?

曲も作ってラップして歌って、プロデュースもして。

役割の部分ですね。ボクのクオリティが全部1/3ないぐらいになっちゃいますけど。

日中に作業して夜は寝るとか。

そこは意外とみんなそうだと思いますけどね。やっぱり人間として良い暮らしをすることが、音楽に繋がるのはあると思います。

KREVAさんとは面識あったんですか?

メールのやり取りで制作したので、曲が完成してから初めて会ったんですよ。

そうだったんですか!?

KREVAさんが曲を聞いて、OKだったらご一緒して頂けるというお話だったんですけど。デモを渡して、OKを頂いて。KREVAさんが自分のスタジオでスグにラップを仮で録って送ってくれて、それに対してボクが返してというのを繰り返しメールでやり取りして、完成しました。こんなにスムーズなことも、なかなかないのでビックリしたんですけど。早いんですよ、KREVAさん。

tofubeatsさんも仕事早そうですよね。

KREVAさんの方がめちゃくちゃ早かったですよ。メールして、1時間くらいで録って返ってくるので、スゴいな〜と思いました。

この曲、『First Album』に収録されていた「poolside feat.PES(RIP SLYME)」感がありますよね。

ああいうラインというか、モテる先輩とやる感じ(笑)。

内容も面白かったですが、KREVAさんの歌詞は。

KREVAさんが書いています。最初“Too Many Girls“っていうフレーズだけ出てきて、歌詞もそれだけだったんですけど。サビを考えてもらおうと思って、Too many girlsって歌ってるところだけ送ったんですね。そうしたらKREVAさんがToo many Girlsに対して歌詞を足してくれて、そこにラップものって返ってきて。だからサビがToo many girlsに決まっちゃったんですよ。こんなことってあまりないので、自分でも珍しいな〜と思っていたんですけど。でもそこで初めて、俺どうしよう、キャラにそぐわないと思って考えて(笑)、ああいう歌詞になりました。

KREVAさんと会った時に、曲の感想はありましたか?

曲の感想は「良かったよ」ぐらいの感じでしたけど。ボクはとにかく「KREVA さんかっこいいな」と思って見てました(笑)。

他の曲の歌詞はどうなっているんですか?

「Too Many Girls feat.KREVA」と「Without U feat.Skylar Spence」以外は、全部自分が作詞しています。

女性アーティストをゲストに迎えた曲もそれぞれ違いますし、色んな視点を持っている方だな〜と再認識したんですけど。以前、某番組で「OLになりたい」っていう発言もありましたけど。もちろん冗談もあるとは思うんですけど。

いや、でも半分ガチ(笑)。

半分ガチ(笑)。女性の視点で物事を見てるとこもあるんですか。

ボクは、OLが聞いていると言われていた曲が本当に好きで、古内東子さんとか。普段からそんなのばかり聞いているので、そういうのを作りたいっていう感じですね。

tofubeatsさんもKREVAさんもBONNIE PINKさんとコラボしていますし、そういう部分も似てるな感じたんです。

あ〜、そうかもしれないですね。それこそKREVAさんは古内東子さんと曲を作ってましたし、確かに趣味は近からず遠からずの可能性はありますね。

これだけのゲストアーティストが参加しても違和感がなくて、成立するバランス感と漂う期待感が本当にすごいなと改めて思います。フィーチャリングの哲学みたいなものってありますか。

自分なりに決着しそうな人にしかオファーはしていないです。僭越なんですけど、曲を作って両者が良くなれたらいいなといつも思っていて。ボクも知名度では貢献できないんですけど、ご一緒することで「歌ってよかったな」と思ってもらいたいのはもちろんあるので。だから基本的に誰を並べても違和感はないはずなんですけど、さすがに今回は画像を並べていたら違和感がありましたけど(笑)。

最強のメンバーみたいな。

自分で考えた野球の理想のスタメンが叶っちゃったみたいな(笑)。今回のオファーも誰か断られるだろうと思っていたので、ゲストアーティストの写真を並べた時にビックリして。出来上がって本当に良かったなと思います。

メジャーで活動しているからって実現出来るスケールでは、なかなかないと思うんですけど。最初に「同じ感じで続けられている」っていう話がありましたが、メジャーに活動の場を移したことで、tofubeatsさんの踏み出す一歩が大きくなったのかなと思います。

それはありますね。ボクがやっていることは変わっていないっていう話で。こういうオファーものに関しては、逆にメジャーにいる時にしか出来ないことだと強く意識しています。

『POSITIVE』をキッカケに、さらにtofubeatsという存在に期待が集まりそうですね。

『POSITVE』が出るまで分からないですけど、こんなに期待が集まっていたのかと思えたらいいですね。

Release Information

ARTIST:tofubeats
TITLE:POSITIVE
RELEASE DATE: : 2015年9月16日
初回限定盤(WPZL-31099) ¥3,600(本体)+税
通常盤(WPCL-12238) ¥3,000(本体)+税


SARUnet.com/tofubeats_positive.jpg

■収録内容

【Disc1】CD ※初回盤・通常盤共通

1. DANCE&DANCE
2. POSITIVE feat. Dream Ami
3. T.D.M. feat. okadada
4. Too Many Girls feat. KREVA
5. STAKEHOLDER
6. Throw your laptop on the fire feat. 小室哲哉
7. I know you
8. Without U feat. Skylar Spence
9. すてきなメゾン feat. 玉城ティナ
10. くりかえしのMUSIC feat. 岸田繁(くるり)
11. 閑話休題
12. 別の人間 feat. 中納良恵(EGO-WRAPPIN’)
13. I Believe In You

【Disc2】DVD ※初回限定盤のみ付属、tofubeats music video集

1. 水星 feat. オノマトペ大臣
2. No.1 feat. G.RINA
3. Don’t stop the music feat. 森高千里
4. おしえて検索 feat. の子(神聖かまってちゃん)
5. ディスコの神様 feat. 藤井隆
6. Her Favorite & 衣替え
7. Come On Honey!feat. 新井ひとみ(東京女子流)
8. poolside feat. PES(RIP SLYME)
9. 20140803
10. 衣替え feat. BONNIE PINK
11. STAKEHOLDER
12. 朝が来るまで終わることのないダンスを

メジャー2ndアルバム『POSITIVE』特設サイト
http://www.tofubeats.com/positive/

オフィシャルサイト
http://www.tofubeats.com/

インタビュー:トグチタカシ
写真:Masaoki Fujisawa
映像:SARUnet.com



sign-2.png

DJ松永(Creepy Nuts)

トラックを作り出すと同時に制作を始めたという1stアルバム「DA FOOLISH」で一躍知名度を高め、昨年発売した日本語ラップ MIX CD「This Time Vol.2」がロングセラーを続けるDJ松永。ヒルクライムのTOCが行うソロ活動においては専属DJを務め、今年はCreepy Nuts(R指定 & DJ松永) としてもフジロックに出演し注目を集めている。そんな彼が、待望の2ndアルバム「サーカス・メロディー」を10/15にリリースする。”フレッシュかつドープ””メロウでジャジー”と形容されるセクシーなトラックに”キャッチー”さもプラスされた本作は、TOC、SKY-HI、サイプレス上野、コッペパン、R-指定、FAKE-ID a.k.a FRAME、Jambo lacqueなど豪華MC陣を迎え見事なコラボレーションを聞かせてくれる。SARUnet.comでは「サーカス・メロディー」のリリースを記念し、アルバム制作のことはもちろん、DJを始めたキッカケまでさかのぼり話を聞いた。



sign-185.png

植木豪(PaniCrew)×千葉涼平(w-inds.)

日本ダンスシーンに多大な影響を与えるボーカルダンスユニット・PaniCrewのフロントマンであり、日本人初のブレイクダンス世界チャンピオンでもある植木豪が初演出を務める舞台『WASABEATS』。主演には、アジア全域で絶大な人気を誇るw-inds.の千葉涼平を向かえるとあって話題となっている本作。共演にはヘッドスピンのギネス記録保持者であり、“LMFAO”のワールドツアーに“Quest Crew”として参加している大野愛地。ブレイクダンサーとして数々の世界大会で優勝を果たしている内海貴司など、国内外で活躍するダンサー達が魅せる最高峰のスーパーダンスショーとなっている。



sign-64.png

松本享×水江未来

2012年5月、渋谷QUATTROで行われた「#7」ツアーファイナル公演をもって解散したバンド・Psysalia psysalis psyche(サイサリアサイサリスサイケ)。東京のインディーズシーンで暗躍し孤高のアートを続けていたPsysalia psysalis psycheが、6作連続で注目のクリエイターとコラボし作品を発表していたことは、多くのメディアで取り上げられていたので覚えている方も多いかもしれない。その6作連続の第4弾は、バンドの頭脳とも言われる松本亨のソロ作となった『AND AND』。この作品では世界的に活躍するアニメーション作家の水江未来とコラボしミュージックビデオを作成、チェコのAniFest 2012 国際アニメ映画祭「ミュージック・ビデオ部門」で最優秀賞し大きな話題となった。今回はそんな2人の初となる対談が実現。水江未来とのコラボに至った経緯や製作秘話までを独占収録。さらに今回は、水江未来が作成した『AND AND』のアニメーションと2人が融合する実験的な撮影を敢行。アニメーションと人間の融合・・・その答えはインタビューの中に。。。お楽しみ下さい。



sign-59.png

新井浩文VS大根仁

瑛太&松田龍平のコンビで、三浦しをん氏の直木賞受賞作を映画化した『まほろ駅前多田便利軒』の続編で、テレビ東京系の深夜枠でドラマ化された『まほろ駅前番外地』が、4/6から2週間限定で渋谷ユーロスペースで公開中。連日ゲストが登場し更なる盛り上がりを見せているが、4/11(木)は【新井浩文VS大根仁】と銘打った、またまた何かが起こりそうな舞台挨拶・・・何故VSなのかを紐解く2人の対談を余すことなく掲載!


sign-130.png

土屋太鳳

若手実力派女優として大注目の土屋太鳳。大学1年生とは思えないほどクールで大人っぽい雰囲気…かと思いきや、とても自然体。初主演となる映画『アルカナ』は、本体(人間)と分身が共存する世界で、分身が本体の心臓を奪い取ろうとするサイコ・スリラー作品。今作では本体(さつき)と分身(マキ)の一人二役を演じる土屋さん。作品の魅力について聞いていくうちに、等身大の可愛らしい一面と、仕事に対する熱い一面を垣間見ることが出来た。



sign-103.png

小宮山友祐(フットサルプレーヤー)

Fリーグ・バルドラール浦安所属。2004年・2008年・2012年フットサルW杯出場。

昨年、三浦知良選手も加入したフットサル日本代表は、W杯で初めて決勝トーナメント出場を果たしメディアを賑わせた。その代表メンバーでキャプテンを務めていたのが小宮山友祐である。2007年にスタートした"Fリーグ(日本フットサルリーグ)"に加盟し、千葉県浦安市をホームタウンとする"バルドラール浦安"で活躍するフットサルプレーヤーだ。大学卒業後は4年間に渡り高校で日本史を教え、2004年から日本代表としても世界を相手に戦ってきた。そんな小宮山のフットサルとの出会いから教員時代の話し、6/15に開幕したFリーグ、日本代表への想いまで。インタビューではフットサルへの情熱と、熱い人柄が伝わって来る言葉を聞くことが出来た。


CHUS ANTON

スペイン生まれのフォトグラファー”CHUS ANTON(チュス・アントン)”。スペインのファッション誌『Vanidad』編集長に見出され、ファッションページの撮影を中心にキャリアを積み、現在はフランス・パリをベースに、ヨーロッパ、日本、アメリカで活躍するアップカミングなフォトグラファーのひとりだ。ポップだがどこか哀愁のある作品は、エモーショナルでゆっくり流れる音楽をBGMに、続きが気になる映画を見ているような感覚にとらわれる。

AEOM_teaser.jpg

Interview Vol.33(9/6UP)
ハラヂュクJINGUS from TOKYO TRIBE
(植木豪 from PaniCrew/大野愛地/魚地菜緒)

tokyotrbe_sarunet.jpg

B-BOYのあるべき姿って、この先にどういう可能性があるかを考えて自分の道を進んでいくことだと思うんです。」



CLUB No1Z®︎ 2017-VIDEO
with DJ IDE KOJI&GO&HILOMU
URL:http://clubno1z.com

everytokyo.jpeg


sign-4-2.png
sign-213.png
餓鬼レンジャー-1.jpg



sign-3.png



sign-18.png



sign-113.png



SARUnet/meagratia.png
sign-160.png
sign-83.png
sign-99.png



sign-141.png
sign-47.png