HOME > インタビュー Vol.27|porehead

満を持して—そんな言葉がピッタリだと思っているのは、自分だけではないはずだ。

昨年、結成1周年の日に渋谷WWWで開催したワンマンライブ「ウィゴレリラ」を大成功に収めたporeheadが初の音源『Amethyst』をリリースする。2月の誕生石でもある”アメジスト”をタイトルにしたミニアルバムには、人間なら誰もが持つ二面性を、内から外から、繊細で力強く、様々に照らし出す6曲が詰め込まれている。

時に寄り添い、時に鼓舞してくれるような。日々の生活に彩りと発見を与えてくる一枚になっているのではないだろうか。

今回SARUnet.comでは、poreheadがリハーサルを行っているスタジオを訪れメンバーに話を聞いた。そこで、poreheadというバンドの内側に流れる、クールでクレバーな一面と、ストイックで情熱的な一面に触れることができた。






IMG_0024.JPG
(左から/Ba.MattSun/Vo.Hironori Kusano/Dr.Lyo/Gt.Takeshi)

アルバムのことを聞く前に。まず、結成1周年(2014年7月4日)に開催したワンマンライブ「ウィゴレリラ」について伺いたいんですが。ボクも実際に会場で見ていて、リリースのないバンドが、あれだけの人を集めて盛り上がって、大成功だったと思うんですけど。

Takeshi  結成1周年の日にワンマンライブをやるって決まったのが、2013年12月だったんです。日程と場所だけおさえて、そこに向けて準備をしていく中で、ライブを重ねながら曲作りを本格的に始めたのが4月ぐらいですね。なんとか曲が揃って1時間30分のライブセットが出来て…もっと達成感があるのかなと思っていたんですけど、それほどなかったというのが正直なところです。それは自分たちが「もっとこうしたい」「こんな曲をやりたい」というのがある中で、そこで満足しなかったのが一番の要因だと思います。もちろん楽しかったですし、一定の達成感はありましたけど。

MattSun それたぶん、全員一致なんですよ。ボクもそうなんですけど。楽屋に戻って、全員で顔を見合わせて「アレっ?」っていう反応がありましたから。

IMG_0017.JPG

それは意外ですね。もっと「イエーっ!」ってなっていたかと思いました。

MattSun 全然ですよ(笑)。その想像と違ったというのは、良い意味でだと思うんですけど。Takeshiも言っていたように満足感はなかったっていう印象が強いですね。もちろんたくさん準備をして、あの時点で出来ることとしてはやり切ったかなと思うんですけど。

Takeshi タイミングもあると思います。何年も活動していて「いよいよだ!」っていうのとは違いますから。結成1年で、半年前からやると決めていたことを達成出来たということで。満足感と達成感は違うと思うんですよね。

Hiroさんはどうですか。

Hiro ワンマンライブをやったということよりも…どう取られるか分からないですけど、想像と違いました。もっと出来たと感じる部分や、自分たちが思っていたよりも盛り上がった部分、逆に足りなかった部分とか、そういうものを感じることが出来たので良い経験でした。

IMG_0059.JPG

ワンマンライブを終えてからは『Amethyst』に向けて動いていた感じですか。

MattSun 区切りとしてワンマンを目指していて。そしたら「次は音源だよね」というのは、ザックリと話していたんですけど。

Takeshi 個人的には、ワンマンでやっていた曲がもうちょっと入るのかなと思っていました。

ボクもそこが意外でした。ワンマンでやっていた曲で『Amethyst』に収録されているのが「Wings」「Monster」「Dancing in the moonlight」の3曲だけだったので。

Takeshi メンバーそれぞれのやりたいことや選曲だったり、どういう作品にしたいかとか、擦り合わせながら作り上げたので。もちろん全ての曲が同じテーブルには並んでいたんですけど、「もっと出来るでしょ?」という+αをさらに並べて完成したのが『Amethyst』に収録されている6曲になっています。


良い意味で予想を裏切られました。さらに、ドラムのLyoさんが加入し4人体制になったこともニュースですね。

Takeshi Lyoはワンマンを見に来ていたんだっけ?

Lyo 見ていました。

IMG_0073.JPG

Lyoさんから見た「ウィゴレリラ」でのporeheadはどう映りましたか。

Lyo ボクもそっち(ステージ)に居たいなと思いました(笑)。

Takeshi Lyoは以前にサポートで叩いてくれていたんです。だから実際に叩ける曲もあって、余計に…というのはあると思うんですけど。

『Amethyst』に収録されている曲は、人間の内面を様々に照らし出している曲が揃っています。特に「アメジスト」はYouTubeでもMVが公開されていますが、キャッチーさもありつつ、言葉遊びも面白くて、何回も聞いて見てしまいました。

Hiro 「アメジスト」は、スタジオでメロディをいれる時に適当な言葉を口ずさんでいたんですけど、もうその瞬間に「この曲は日本語なんだな」って感じたんです。英語はそんなに意識しないで、日本語の発音や面白い言葉をこの曲でやりたいなと思って作りました。

アルバムタイトルにもなっているアメジストですが、アルバムが発売される2月の誕生石で、神秘的な魅力があるそうですね。

Hiro アメジストというタイトルを付けたのは…ちょうどワンマンライブぐらいから、曲に対して色々考えることがあって。例えば「元気出そう」「努力しよう」「頑張ろう」とか、そういう曲を作ろうと思った時に、ちょっと自分の中で抵抗が出来てしまって。そういう曲を作れないというか…たぶん、精神的に病んでいたんだと思うんですけど(笑)。「じゃあ、この感覚はなんなんだろう?」って、そこを掘り下げて描写をしていきました。人間って、真面目な部分もあれば、嫌になってブチ壊したくなる時もあるじゃないですか、そういう内面や外面の二面性って誰しも持っている部分だと思うんです。決して重い曲ではないんですけど、そういうのを描写して出来た曲です。

IMG_0016.JPG

Hiroさんは全ての曲で作詞をされていますが、どれも聞けば聞くほどに発見があります。

Hiro 「こういう意味です」って自分で説明するのは違うと思っていて、聞く人それぞれが感じとってくれたら良いと思います。答えは一つじゃないって言うか、受け手が自由に「どうぞ感じとって下さい」と思います。

どのようにして曲が生まれているのか気になります。

Takehsi  基本的にトラックが先です。曲作りって、バンドによって違うと思うんですけど。例えば、なにか一つのフレーズが出来上がった時にそこから全体のイメージが膨れ上がるものなのか、一つずつパズルみたいに組み立てていくのか。このバンドでは前者の方を大切にしていて、やっぱりそっちの方が曲が生まれる確率も高いんです。サビから出来るもの、イントロから出来るもの、それぞれなんですけど、基本的にはジャムって作ることが多いので、まずは骨組みを組み立ててから誰かが膨らませていく。そこからメロディーが乗っかっているものに対して、コードやアレンジを変えてみるという風に進めていきます。



メンバーさんそれぞれ経験や経歴もバラバラですが、poreheadの音楽として見事に昇華されているのも面白いです。

MattSun 手探りで一年半やって、結果的にこの形になったなという印象です。

Hiro まあ言っても、このバンド自体が一年半ですから。まだまだ完成形ではないと思っています。

Takeshi これはボクのバンド像というか、バンド論なんですけど。好きな音楽があって、それに対して人が集まったりする。高校生とかってそうじゃないですか?「メタルが好きだから一緒にやろう」「ビジュアル系が好きだから一緒にやろう」とか。このバンドは、音楽が好きな人間が集まった集合体なので、それぞれがやってきたことや好きなジャンルが違う中で、メンバー個人の好みが曲に100%反映されるのは難しいと思うんですね。でもそれで良いと思うんです。大切なのは誰と一緒にやるかだと思うんです。今の4人が集まって、こういう音楽になっている。4色の絵の具を混ぜ合わせた時に、結果的にこういう色になったというか。そういう意味では「赤色好きだから、真っ赤な赤色になろうぜ!」って集まったわけではないんです。

IMG_0045.JPG

どんどん色が変化していくわけですね。

Takeshi 「もうちょっと赤に寄せよう」「青に寄せよう」とか、そういうことは曲によってはあると思うんですけど、今はそういう意味ではグチャグチャに混ぜた状態。だけど今は、その素直な色、自分達の原色を大切にしながらやっています。『Amethyst』が完成して、やっとそういう意味では今のバンドの”色”を知ってもらえる事が出来たので、今後どう変化していくのか。次回作が個人的にも楽しみですね。

ちなみに。『Amethyst』が完成して、そこに達成感はありましたか?

MattSun ワンマンと比べるのは違うかもしれないですけど。アルバムが出来てツアーも決まって、バンドとして前進するという達成感だったり期待感はありますね。ポジティブな意味で「もっと出来るだろ?」という気持ちはありますけど(笑)。

Hiro バンドとしても名刺がなかったんで。ファンの方とか対バンからも「あれ、CDないの?」みたいな(笑)。

MattSun YouTubeしかなかったからね(笑)。

Hiro 名刺を配るじゃないですけど、ここから知ってもらえるキッカケになるんじゃないかと思います。

確かにporeheadは、極端に情報が少なかったですよね。YouTubeにオフィシャルで上がっていた映像も「Dancing in the moonlight」「Wings」の2曲だけでしたし。

Hiro 音源がないバンドを見に行こうっていう発想になかなかならないですからね(笑)。まず出来て良かったなと思います。

Takeshi まずはバンドの作品を産むって事が大切だと思っていて。「もっと上手になったら」とか「もっと良い曲が出来てから」とか、それを切り取っていたらアルバムじゃないと思うんですよね、俺は。バンドのその瞬間の作品を残すことが大切だと思うんです。理想って常にあると思うんですけど、それに辿り着かなかったら出さないというのは無いかなと思います。そういう意味では、このタイミングでなければこの音にならなかったし、一年後に同じ曲を作っても良いと思えるか分からないし、もしかしたら生まれないかもしれない。そういう意味では常に今を切り取って提案していかないと、表現者としてはダメなのかと思います。「今の俺達はこうだよ!」みたいな。ずっと「俺もっと出来るよ!すごいよ!」って言っていたら、いつ出来るかもわからないし。今やれることを表現するのが、表現者だと思います。


MattSun 「まだ、本気出してねえし」っていうやつでしょ?

Takeshi 「いつ出すんだよ、その本気」っていう。理想に追いついた時に出したものは遺作なのかもしれない。もっと出来るというのが根底にあるからこそ、次の作品を作りたいと思えるんじゃないかな。

IMG_0050.JPG

Lyoさんはどうですか。

Lyo 10月末に合宿に行ったんですけど、そこで今回のアルバムに入っている3曲は作りました。

合宿したんですか?

Hiro 1週間ぐらい島根を拠点にしていた時期があったんです。ツアーのタイミングで島根から関西や九州に行って、また島根に戻るという感じで。そこで、一つ屋根の下4人で曲を作るという。

Takeshi 10月の段階で2曲は録り終わっていたんですよ。すごく時間のない中で11月に4曲録らなきゃいけなくて。もちろん昔の曲を掘り起こせばあったんですけど。「もっと出来ないか?」というところで、1週間の合宿で作っていったんです。やっぱりメンバー同士が離れていたら時間がかかるし、合宿があったからこの6曲になったのかなと思います。このタイミングで合宿が出来たのは、重要なことだったと思いますね。

MattSun あの場所じゃないと生まれていない曲とかあるしね。「Icebox」とか、あそこでなければアイデアも出てきていないと思うし。

「Icebox」は、特にセツなく洋楽っぽい感じもありますね。

Takeshi ゆったりした曲で、ゆったりしたところで作っていたので。モロ日本ですけど(笑)。

Hiro とりあえず、すごく寒かったんですよね、島根県。

IMG_0042.JPG

物理的に(笑)?

Hiro 物理的にこれはもう、寒い曲しかないでしょうっていう。

Takeshi でも大切だよね、そういう環境(笑)。環境が曲を生むってあると思うんですよ。

Hiro うん。島根のテーマソングですね!

MattSun おおっ!スケールが(笑)。

Takeshi デカくなったのか小さくなったのか分からない(笑)。

『Amethyst』発売後は、全国を回るリリースツアーも始まります。さらにスケールアップしたporeheadを見ることが出来るのかなと、個人的にも楽しみです。

MattSun バンドとして初めて音源を出して、そのリリースツアーということなので。今までは、それがない中で色々回っていたので(笑)。さっき言っていた名刺代わりじゃないですけど、また反応一つにしても変わってくるんじゃないかなと思っています。それにまだ、ライブで一度もやったことがない曲がたくさんあって、それはステージでやるまで分からないので。お客さんと一緒にライブを通して、また色んな見え方があると思うので楽しみです。2月4日の発売日に発表になりましたが、4月25日(土)にツアーファイナルが渋谷 duo MUSIC EXCHANGEであります。全国を回って、みんなで一緒に作った集大成を、そこで見せることが出来たらなと思います。

渋谷に集合ですね。では、最後にメッセージをお願いします。

Lyo 初めて音源を出して回るツアーなので、まだ会ったことがない方にもたくさん会えると思います。中には会場で偶然見る方もいると思うんですけど。そういう方たちとも、アルバムやツアーを共有出来たらいいなと思います。

MattSun ライブに行こうか悩んでいる人もいると思うんです。なかなか全国きっちり回れるわけじゃないんですけど、近くに寄った際はぜひ遊びにきてもらいたいです。絶対に楽しませます!

Takeshi 『Amethyst』が出ることで、Music VideoをYouTubeで見たりライブに来なくても移動中に聞いてもらえたり、身近な存在になると思います。その分、余計に"生"が欲しくなった時には、ライブに来てくれたら嬉しいですね。

Hiro 『Amethyst』を聞いて初めて知ってくれた方や、まだ会ったことがない地方のお客さんが、どんな盛り上がり方をするんだろうとか、楽しみですね。あと、アルバムの曲はもちろんですけど、このツアーで初めて披露する曲もあると思うので、そういう部分も楽しみにしていてくれたらと思います。

リリース情報


porehead/amethyst/sarunet.jpg

『Amethyst』
2015.02.04 Release
¥1,944 (Tax in) /
GGR-0004

1. アメジスト(テレビ東京「音流~ONRYU~」2月度エンディングテーマ)
2. Wings
3. 夢追シンドローム
4. MONSTER
5. Dancing in the moonlight
6. Icebox

■Amethyst] Release Tour 2015

2/21(土) 渋谷Stra lounge(リリースパーティー)
3/13(金) 心斎橋VARON
3/19(木) 柏PALOOZA
3/20(金) 名古屋IMAIKE CLUB 3STAR
3/22(日) 西川口Hearts
3/26(木) 仙台HooK
4/1(水) 広島Cave-be
4/3(金) 福岡DRUM SON
4/5(日) 島根 松江AZTiC CANOVA
4/6(月) 梅田Zeela
4/25(土) 渋谷duo MUSIC EXCHANGE(ツアーファイナル)

http://www.porehead.com

インタビュー:トグチタカシ
写真:Masaoki Fujisawa
映像:SARUnet.com



sign-2.png

DJ松永(Creepy Nuts)

トラックを作り出すと同時に制作を始めたという1stアルバム「DA FOOLISH」で一躍知名度を高め、昨年発売した日本語ラップ MIX CD「This Time Vol.2」がロングセラーを続けるDJ松永。ヒルクライムのTOCが行うソロ活動においては専属DJを務め、今年はCreepy Nuts(R指定 & DJ松永) としてもフジロックに出演し注目を集めている。そんな彼が、待望の2ndアルバム「サーカス・メロディー」を10/15にリリースする。”フレッシュかつドープ””メロウでジャジー”と形容されるセクシーなトラックに”キャッチー”さもプラスされた本作は、TOC、SKY-HI、サイプレス上野、コッペパン、R-指定、FAKE-ID a.k.a FRAME、Jambo lacqueなど豪華MC陣を迎え見事なコラボレーションを聞かせてくれる。SARUnet.comでは「サーカス・メロディー」のリリースを記念し、アルバム制作のことはもちろん、DJを始めたキッカケまでさかのぼり話を聞いた。



sign-185.png

植木豪(PaniCrew)×千葉涼平(w-inds.)

日本ダンスシーンに多大な影響を与えるボーカルダンスユニット・PaniCrewのフロントマンであり、日本人初のブレイクダンス世界チャンピオンでもある植木豪が初演出を務める舞台『WASABEATS』。主演には、アジア全域で絶大な人気を誇るw-inds.の千葉涼平を向かえるとあって話題となっている本作。共演にはヘッドスピンのギネス記録保持者であり、“LMFAO”のワールドツアーに“Quest Crew”として参加している大野愛地。ブレイクダンサーとして数々の世界大会で優勝を果たしている内海貴司など、国内外で活躍するダンサー達が魅せる最高峰のスーパーダンスショーとなっている。



sign-64.png

松本享×水江未来

2012年5月、渋谷QUATTROで行われた「#7」ツアーファイナル公演をもって解散したバンド・Psysalia psysalis psyche(サイサリアサイサリスサイケ)。東京のインディーズシーンで暗躍し孤高のアートを続けていたPsysalia psysalis psycheが、6作連続で注目のクリエイターとコラボし作品を発表していたことは、多くのメディアで取り上げられていたので覚えている方も多いかもしれない。その6作連続の第4弾は、バンドの頭脳とも言われる松本亨のソロ作となった『AND AND』。この作品では世界的に活躍するアニメーション作家の水江未来とコラボしミュージックビデオを作成、チェコのAniFest 2012 国際アニメ映画祭「ミュージック・ビデオ部門」で最優秀賞し大きな話題となった。今回はそんな2人の初となる対談が実現。水江未来とのコラボに至った経緯や製作秘話までを独占収録。さらに今回は、水江未来が作成した『AND AND』のアニメーションと2人が融合する実験的な撮影を敢行。アニメーションと人間の融合・・・その答えはインタビューの中に。。。お楽しみ下さい。



sign-59.png

新井浩文VS大根仁

瑛太&松田龍平のコンビで、三浦しをん氏の直木賞受賞作を映画化した『まほろ駅前多田便利軒』の続編で、テレビ東京系の深夜枠でドラマ化された『まほろ駅前番外地』が、4/6から2週間限定で渋谷ユーロスペースで公開中。連日ゲストが登場し更なる盛り上がりを見せているが、4/11(木)は【新井浩文VS大根仁】と銘打った、またまた何かが起こりそうな舞台挨拶・・・何故VSなのかを紐解く2人の対談を余すことなく掲載!


sign-130.png

土屋太鳳

若手実力派女優として大注目の土屋太鳳。大学1年生とは思えないほどクールで大人っぽい雰囲気…かと思いきや、とても自然体。初主演となる映画『アルカナ』は、本体(人間)と分身が共存する世界で、分身が本体の心臓を奪い取ろうとするサイコ・スリラー作品。今作では本体(さつき)と分身(マキ)の一人二役を演じる土屋さん。作品の魅力について聞いていくうちに、等身大の可愛らしい一面と、仕事に対する熱い一面を垣間見ることが出来た。



sign-103.png

小宮山友祐(フットサルプレーヤー)

Fリーグ・バルドラール浦安所属。2004年・2008年・2012年フットサルW杯出場。

昨年、三浦知良選手も加入したフットサル日本代表は、W杯で初めて決勝トーナメント出場を果たしメディアを賑わせた。その代表メンバーでキャプテンを務めていたのが小宮山友祐である。2007年にスタートした"Fリーグ(日本フットサルリーグ)"に加盟し、千葉県浦安市をホームタウンとする"バルドラール浦安"で活躍するフットサルプレーヤーだ。大学卒業後は4年間に渡り高校で日本史を教え、2004年から日本代表としても世界を相手に戦ってきた。そんな小宮山のフットサルとの出会いから教員時代の話し、6/15に開幕したFリーグ、日本代表への想いまで。インタビューではフットサルへの情熱と、熱い人柄が伝わって来る言葉を聞くことが出来た。


CHUS ANTON

スペイン生まれのフォトグラファー”CHUS ANTON(チュス・アントン)”。スペインのファッション誌『Vanidad』編集長に見出され、ファッションページの撮影を中心にキャリアを積み、現在はフランス・パリをベースに、ヨーロッパ、日本、アメリカで活躍するアップカミングなフォトグラファーのひとりだ。ポップだがどこか哀愁のある作品は、エモーショナルでゆっくり流れる音楽をBGMに、続きが気になる映画を見ているような感覚にとらわれる。

AEOM_teaser.jpg



CLUB No1Z®︎ 2017-VIDEO
with DJ IDE KOJI&GO&HILOMU
URL:http://clubno1z.com



SARUnet/三月のパンタシア.png

INTERVIEW VOL.34
三月のパンタシア

everytokyo.jpeg


sign-4-2.png
sign-213.png
餓鬼レンジャー-1.jpg



sign-3.png



sign-18.png



sign-113.png



SARUnet/meagratia.png
sign-160.png
sign-83.png
tokyotrbe_sarunet.jpg
sign-99.png



sign-141.png
sign-47.png