HOME > シンガーでありながらOnline Select Shop 「little $uzie」を手掛けるYOUNGSHIMへFOCUS!実姉・PUSHIMと共に立ち上げた注目のレディースブランド『To me 2H』は今夏スタート!!

image.jpeg
YOUNGSHIM
Singer、Online Select Shop「little $uzie」

(2013.7.17UP)

大阪出身のシンガー。2001年から地元・大阪を中心にクラブ、ライヴハウスでのパフォーマンスをスタート、様々なアーティスト達との交流が始まる。数々のメジャーアーティストの作品に客演として参加し、R&Bシンガーとしての実力をより一層認められた。2008年6月18日、Jazztronik、HOME GROWNらを要するKnife Edge / PONY CANYONよりメジャー・デビュー・ミニアルバム「Love Rain」をリリース。この「Love Rain」は繊細なリリックと誰もの琴線に触れるメロディを聴くだけで彼女の持つR&Bの世界観が一望できる作品となった。同作品収録のPUSHIMプロデュース楽曲「Girls In Da House」は、着うたサイト「レゲエZION」でダウンロード年間チャート2位を記録し、「Voice Mail」もスペースシャワーTVや各地のFM局でパワープッシュされるなど、ベールに包まれていたその全貌を現した。

2009年4月15日にBACK DROP BOMBのフロントマン白川貴善、CHABEこと松田岳二、現在のシーンを牽引するBACH LOGIC、GP(餓鬼レンジャー)らをプロデューサーに迎えた1stフル・アルバム「Distance」をリリースする。2011年よりGAGLE, groovemanspot,cro-magnonなど数々のアーティストを要するJazzy Sportに籍を移し、デジタルシングルをリリースする。2012年には、自身のOnline Select Shop 「little $uzie」をオープンさせ、ファッションの世界にも活動の幅を広げる。

little $uzie:http://little-suzie.com/
blog:http://ameblo.jp/youngshim/
Tome2H:http://www.tome2h.com/


Q 尊敬する人は?

両親

Q 自分の性格を一言で言うと?

人見知り

Q 子供の頃の夢は?

歌手・社長・弁護士・デザイナー・ケーキ屋さん...バラバラでたくさんありましたね。

Q 自分が「大人だな」と思う瞬間は?

あんまりないですが、人の意見やアドバイスを聞く事を心がけるようになりました。

Q 自分が「子供だな」と思う瞬間は?

常に。夢を持つ限り永遠に子供かな?と思います。

Q 生まれて初めてお金を稼いだ仕事は何?

高校生の時のファミレスのアルバイト

Q 生まれて初めてお金を稼いだ、その時の感想は?

何買おうかな?(一枚の服に一ヶ月のバイト代の殆どを使ったりしてました)

Q 好きなアーティストは(またお勧めの曲は)?

Cocain 80s/Anywhere But Here,Frank Ocean/Voodoo

Q 好きな食べ物は?

韓国料理

Q 最近自身に起きた一番の事件は?

ずっと夢だったファッションのお仕事を出来るようになった事。ですね!

Q 今、一番欲しいものは?

体力と集中力

Q 今、一番行きたい所は?

スペイン、モロッコ

Q これがなければ生きていけない!というものは?

トウガラシ

Q お勧めのアプリは?

little $uzieのショップページのサイドバーで『$uzie's Styling』というlittle $uzieのアイテムを使ったスタイリングを複数のアプリを使って作っているんですが、その一つが「写真合成」というアプリで、コラージュなども簡単に出来るのでオススメです。あとは、パズルゲームも好きで「Jewel Mania」は、かなりムキなってやってます。

Q 1日だけ入れ替われるなら、誰になって何をしたいですか?

『Vogue』等のファッション雑誌のエディターになって、ロンドン・パリ・ミラノ・ニューヨークのコレクションを観に行ったり、撮影や編集の現場を覗いてみたいです!!

Q 明日で地球滅亡!?何をしますか?

結構小さい時から引越しを繰り返していて、大阪市内で3回ほど、3年ほど前に東京に出て来ました。今は家族も東京で暮らしています。近所で。なんで、滅亡する前にルーツをさかのぼって、家族で生まれ育った大阪に戻って、今まで住んだ家を一軒一軒廻ってみたいですね。あと、飼ってた猫の墓参り!

Q little $uzieの意味は?

特別意味は無いんですが、Kelisの「Little Suzie」て曲が好きで、スージーていう響きの中に可愛くて、おしゃまで、ちっちゃいのに自分のスタイルを持ってて..みたいなイメージを持っていて...。うまく説明出来ませんが、小さい可愛い女の子を見たら可愛すぎて憎たらしくて「イィ〜〜ッ!!」てなりません?「ギューッ」として壊したくなるみたいな?そんなイメージです。すいません。笑

Q little $uzieのこだわりは?

カラフルでユニーク!!あんまり日本では無いような奇抜なデザインの物や色づかいのアイテムが揃っています。そういうアイテムをあくまで大人の女性にエレガントに着こなして欲しいと思ってセレクトしてます。

Q little $uzieの今後の展望は?

セレクトアイテムに加え、いろんなクリエイターやデザイナーとのコラボレーションアイテムやオリジナルアイテムを発表していきたいのと、将来的には洋服・アクセサリーにとどまらず、世界各国のインテリア・美しい食器・ファブリックなどライフスタイルまで提案できる空間を作りたいと考えています。オンラインショップだけでなく、オフラインの実店舗でそれを実現したいです。

Q またYOUNGSHIMさんは、お姉さんであるPUSHIMさんとレディースブランド『To me 2H(トミトエイチ)』を今夏よりスタートされますが、ブランド立ち上げのきっかけは?

姉に誘われて...。''セレクトして販売する''だけじゃなくて洋服の事もっと分かりたいし、デザインにもとても興味があったので、勉強させてもらう気持ちで始めました。

Q 『To me 2H』の意味は?

姉の名前のPUSHIM 冨心(プシン)の「冨」、私の名前のYOUNGSHIM 英心(ヨンシン)の「英知」から「冨と英知」と付けました。

Q 『To me 2H』のテーマは?

ブランドのテーマカラーのパープル&イエローは、「オーラソーマ」というカラーリーディングで「Turning Tide-潮の変わり目-」の意味を持つボトルで女性の強さや世の中に対する希望を表します。

Q どんなアイテムを展開していきますか?

7月下旬デリバリー予定の『High Summer Collection』ではテーマカラーのパープル&イエローを使ったアフリカン風のTurning Tide Border柄のオールインワンやレギンス、カラーバリエーション豊富なPUSHIM手描きのプリントT-shirtsがオススメです。

Q ブランドデビューに先駆けて、先日開催された『PUSHIM LIVE TOUR 2013 “It’s A DRAMA”』のZEPP東名阪3会場で『To me 2H』のアイテムが展示されましたが、見た方々の反応はいかがでしたか?

私は東京会場のみ参加させてもらいましたが、大変な反響を頂きました。特にTurning Tide Borderを使ったオールインワンはTourの衣装と同じ生地を使ったので、訪れた皆さんの目に印象を与えられたと思います。そして、little $uzieとのスタイリングがたくさんの方に反響を頂き、Tome2Hの取り扱い店『ESP TRICKSTAR 東京』、『ESP TRICKSTAR 大阪』にてTome2Hの発売と共に7月27日から一ヶ月間、little $uzie ''Pop Up Shop''をオープンさせる事が決定しました!

Q 最後に読んでいる方へ一言!

音楽とファッションは互いに影響を与えるもので、それぞれに表現のし方は違えど共通するものだと考えます。私の音楽、姉の音楽を聴いてくださっている皆さんにも『little $uzie』、『Tome2H』の洋服から繋がった皆さんにも音楽やファッションの楽しさを伝えて行きたいと思います!女性が強く美しく、女性であることの楽しさをもっと感じられるようにたくさんのスタイルを提案して行きたいです!ありがとうございました!



sign-2.png

DJ松永(Creepy Nuts)

トラックを作り出すと同時に制作を始めたという1stアルバム「DA FOOLISH」で一躍知名度を高め、昨年発売した日本語ラップ MIX CD「This Time Vol.2」がロングセラーを続けるDJ松永。ヒルクライムのTOCが行うソロ活動においては専属DJを務め、今年はCreepy Nuts(R指定 & DJ松永) としてもフジロックに出演し注目を集めている。そんな彼が、待望の2ndアルバム「サーカス・メロディー」を10/15にリリースする。”フレッシュかつドープ””メロウでジャジー”と形容されるセクシーなトラックに”キャッチー”さもプラスされた本作は、TOC、SKY-HI、サイプレス上野、コッペパン、R-指定、FAKE-ID a.k.a FRAME、Jambo lacqueなど豪華MC陣を迎え見事なコラボレーションを聞かせてくれる。SARUnet.comでは「サーカス・メロディー」のリリースを記念し、アルバム制作のことはもちろん、DJを始めたキッカケまでさかのぼり話を聞いた。



sign-185.png

植木豪(PaniCrew)×千葉涼平(w-inds.)

日本ダンスシーンに多大な影響を与えるボーカルダンスユニット・PaniCrewのフロントマンであり、日本人初のブレイクダンス世界チャンピオンでもある植木豪が初演出を務める舞台『WASABEATS』。主演には、アジア全域で絶大な人気を誇るw-inds.の千葉涼平を向かえるとあって話題となっている本作。共演にはヘッドスピンのギネス記録保持者であり、“LMFAO”のワールドツアーに“Quest Crew”として参加している大野愛地。ブレイクダンサーとして数々の世界大会で優勝を果たしている内海貴司など、国内外で活躍するダンサー達が魅せる最高峰のスーパーダンスショーとなっている。



sign-64.png

松本享×水江未来

2012年5月、渋谷QUATTROで行われた「#7」ツアーファイナル公演をもって解散したバンド・Psysalia psysalis psyche(サイサリアサイサリスサイケ)。東京のインディーズシーンで暗躍し孤高のアートを続けていたPsysalia psysalis psycheが、6作連続で注目のクリエイターとコラボし作品を発表していたことは、多くのメディアで取り上げられていたので覚えている方も多いかもしれない。その6作連続の第4弾は、バンドの頭脳とも言われる松本亨のソロ作となった『AND AND』。この作品では世界的に活躍するアニメーション作家の水江未来とコラボしミュージックビデオを作成、チェコのAniFest 2012 国際アニメ映画祭「ミュージック・ビデオ部門」で最優秀賞し大きな話題となった。今回はそんな2人の初となる対談が実現。水江未来とのコラボに至った経緯や製作秘話までを独占収録。さらに今回は、水江未来が作成した『AND AND』のアニメーションと2人が融合する実験的な撮影を敢行。アニメーションと人間の融合・・・その答えはインタビューの中に。。。お楽しみ下さい。



sign-59.png

新井浩文VS大根仁

瑛太&松田龍平のコンビで、三浦しをん氏の直木賞受賞作を映画化した『まほろ駅前多田便利軒』の続編で、テレビ東京系の深夜枠でドラマ化された『まほろ駅前番外地』が、4/6から2週間限定で渋谷ユーロスペースで公開中。連日ゲストが登場し更なる盛り上がりを見せているが、4/11(木)は【新井浩文VS大根仁】と銘打った、またまた何かが起こりそうな舞台挨拶・・・何故VSなのかを紐解く2人の対談を余すことなく掲載!


sign-130.png

土屋太鳳

若手実力派女優として大注目の土屋太鳳。大学1年生とは思えないほどクールで大人っぽい雰囲気…かと思いきや、とても自然体。初主演となる映画『アルカナ』は、本体(人間)と分身が共存する世界で、分身が本体の心臓を奪い取ろうとするサイコ・スリラー作品。今作では本体(さつき)と分身(マキ)の一人二役を演じる土屋さん。作品の魅力について聞いていくうちに、等身大の可愛らしい一面と、仕事に対する熱い一面を垣間見ることが出来た。



sign-103.png

小宮山友祐(フットサルプレーヤー)

Fリーグ・バルドラール浦安所属。2004年・2008年・2012年フットサルW杯出場。

昨年、三浦知良選手も加入したフットサル日本代表は、W杯で初めて決勝トーナメント出場を果たしメディアを賑わせた。その代表メンバーでキャプテンを務めていたのが小宮山友祐である。2007年にスタートした"Fリーグ(日本フットサルリーグ)"に加盟し、千葉県浦安市をホームタウンとする"バルドラール浦安"で活躍するフットサルプレーヤーだ。大学卒業後は4年間に渡り高校で日本史を教え、2004年から日本代表としても世界を相手に戦ってきた。そんな小宮山のフットサルとの出会いから教員時代の話し、6/15に開幕したFリーグ、日本代表への想いまで。インタビューではフットサルへの情熱と、熱い人柄が伝わって来る言葉を聞くことが出来た。


CHUS ANTON

スペイン生まれのフォトグラファー”CHUS ANTON(チュス・アントン)”。スペインのファッション誌『Vanidad』編集長に見出され、ファッションページの撮影を中心にキャリアを積み、現在はフランス・パリをベースに、ヨーロッパ、日本、アメリカで活躍するアップカミングなフォトグラファーのひとりだ。ポップだがどこか哀愁のある作品は、エモーショナルでゆっくり流れる音楽をBGMに、続きが気になる映画を見ているような感覚にとらわれる。

AEOM_teaser.jpg



CLUB No1Z®︎ 2017-VIDEO
with DJ IDE KOJI&GO&HILOMU
URL:http://clubno1z.com



SARUnet/三月のパンタシア.png

INTERVIEW VOL.34
三月のパンタシア

everytokyo.jpeg


sign-4-2.png
sign-213.png
餓鬼レンジャー-1.jpg



sign-3.png



sign-18.png



sign-113.png



SARUnet/meagratia.png
sign-160.png
sign-83.png
tokyotrbe_sarunet.jpg
sign-99.png



sign-141.png
sign-47.png