HOME > FEATURE|自身が第一被害者となってしまった連続拉致事件をもとに制作した映画『ら』が3月より公開!水井真希監督へインタビュー!!

sign-105.png





●映画『ら』劇場鑑賞券を2組4名様へプレゼント!応募はこちらから(締切:2/28)

園子温監督に師事し10代の頃から映画業界に身を置き、その後はグラビアイドル・女優としても活躍するなど、異色の経歴を持つ水井真希。そんな彼女の初監督作品となる映画『ら』が、渋谷アップリンクを皮切りに3/7(土)より公開をスタートする。

同作は、水井監督自身が第一の被害者となってしまった実際の連続拉致事件をもとに制作されたという、なんともセンセーショナルなインフォメーション。辛い過去を映画にするというのは、なんとも大変な作業だったのでは…と、思ってしまうのだが。

「この事件自体は10年くらい前に起きたことなんですが、その10年間の方がずっと辛かったですね。映画を作っている時は、監督として現実的にやるべきことが多かったので…でもそうですね、撮影中も思い出したりもしました。ただ、客観的に話せるようになったという意味では時間が解決してくれたというか、過去のこととして受け止められるようになりました。」

IMG_0131.JPG

水井監督自身、この体験をアウトプットしたいという思いがあったそうだ。それについて”本を書けばいい”“ドキュメンタリーを作ればいい”というネット上の声には、映画業界で生きてきた彼女ならではの考えがあった。

「私は、お仕事で映画作りに携わってきました。真面目なだけの手記やドキュメンタリーなら、他でやればいいと思うんですね。映画とはエンターテインメントで、面白いものを作って、みんなに観てもらうものだと思っていて。この体験も、みんなに楽しんでもらえる媒体で形にしたいと考えていたので、それが映画だったんです。物語の中でも、現実世界とファンタジーな精神世界を描いていますが、それによって“実体験をもとに”という売りがなくても、作品として観てもらえるように意識しました。」

SARUnet.com/ら1.jpg

現実の世界と、第一被害者・マユカの精神世界が交錯し物語は進んでいく。最初に出来た脚本は、現実に起きた事件の部分だけが描かれたもので、30分程度の内容だったと言う。実際に完成した『ら』は70分なので、半分以下だ。

「プロデューサーの西村さんに”これだと再現映像だから映画作品にしなさい”って言われたんです。映画作品とはなんだろう…と考えた時に、ギレルモ・デル・トロ監督の『パンズ・ラビリンス』が浮かんだんです。現実と想像の世界がリンクしている作品としても取れるし、ファンタジーの世界を少女の妄想の中の世界とも取れるように作られているんですよ。そこから、マユカが心の中の世界で人間ではない生き物と会って…というのはスグに思いつきました。」

こうして生まれた、マユカの精神世界。このファンタジーで独特な表現は、観客を物語に引き込み、性犯罪の被害者の苦しみを知り、痛みを感じさせる。

「暗い森や足に傷ができるというのは、過去の出来事を思い出すように自然と出てきました。PTSDってあるじゃないですか?あれは、心的外傷後ストレス障害という言葉なんですが、心的な外傷。つまり、心に外傷を受けているんですよ。腕がナイフで切られて血が出るのと同じことが、心に起こっているんです。心に受けた傷は目に見えないですけど、ファンタジーの世界でなら、傷として具現化するなと思いました。」

この作品のすごいところは、そのリアリティ。

「最初の事件のシーンは、事実と創作した部分があるんですけど、事実の部分は完璧に再現してもらいました。」

しかしこのリアリティ。水井監督が被害者だからという、単純な方程式では決して語りきれない。

「事件のところをフィーチャーして怖がらせる映画にすればいいのにとか、復讐してスカッとする映画にすればいいのにって言われたりもします。でも私が描いているのは、フィクションではないんですよ。拉致されて車内で話ているシーンに間の抜けたやり取りがあるんですけど。現実の世界で危機的な状況に面している時って、そういう間の抜けたやり取りってあると思うんですね。それはちゃんと再現したかったです。それに、復讐しようものなら私が刑務所行きなわけですから、そんなこと出来るわけないんですよ。」

IMG_0154.JPG

「この人、本当にそういう人なんじゃないの?」と思うくらい、犯人を演じた小場賢の猟奇的な表情が印象的だった。実際にお会いする機会があれば、まずは十分な距離をとって様子をみたいと、個人的に思っている。

SARUnet.com/ら2.jpg

「小場さんには申し訳ないんだけど“そんなんじゃ全然猟奇的じゃない”“全然怖くないよ”というのは、言わせて頂きましたね。普通に話してたのに突然キレる人をやって欲しかったんです。実際の小場さんは頭の良い方です。あんまり喋らないんですよ…あっ、私が現場で怖かったせいかもしれない(笑)。」

見る、作る、出る。色んな角度で映画と接して来た水井真希にとって、今回の初監督で新たな発見はあったのだろうか。

「世間一般の方は監督が一番偉くて、指示を出していると思うじゃないですか?違うんですよ(笑)。監督は皆さんにお願いをして、仕事をしてもらう立場なんですね。もちろん大御所監督になると逆だと思うんですけど。それがすごく分かって、他の現場に行ってもスタッフさんに感謝するようになりましたね。」

最後に。完成した映画『ら』を観た時に、なにを思ったかを聞いてみた。

「その瞬間に思ったことでいいですか?もう…監督することはないなと思いました(笑)。作業的に辛かったんですよ〜、こんなに眠いんだーって(笑)。映画を作ってなにが変わりましたか?って、よく聞かれるんですけど。作ったことに関しては、変わったことってあまりないんですよね。10年間習慣にしていたことを突然止めたとしても、翌日に何が変わるかって分からないじゃないですか。だから、まだ…まだ、です。」

●映画『ら』劇場鑑賞券を2組4名様へプレゼント!応募はこちらから(締切:2/28)

作品情報

タイトル:ら
2015年3月7日(土)アップリンク他全国ロードショー

SARUnet.com/ら.jpg

キャスト:加弥乃 小場賢 ももは 衣緒菜 文月 亜季 佐倉萌 久住翠希 屋敷紘子
監督:水井真希 
エグゼクティブ・プロデューサー:松本創 
プロデューサー:西村喜廣/マーク・ウォルコウ
撮影:Shu G.百瀬 
照明:太田博 
録音/効果音/整音:中川究矢 
特殊メイク:下畑和秀
VFXスーパーバイザー:鹿角剛 
助監督:塩崎遵 
宣伝協力:アップリンク 
2014/カラー/シネスコ/ステレオ/70分
©NISHI-ZO 西村映造
公式サイト:http://www.mmizui.com/ra

インタビュー:トグチタカシ
写真:Masaoki Fujisawa
映像:SARUnet.com



sign-9.png

チャンソン(2PM)×大野いと

「純恋三部作」累計70万部のベストセラー、 新堂冬樹原作の純愛小説「忘れ雪」が待望の実写映画化。日本映画初出演にして主演を務めるのは、韓国出身のダンス&ボーカルグループ2PMのメンバーとしても日本で大人気のチャンソン。さらに、ドラマに映画に大活躍の大野いとがヒロインを演じるとあって注目を集めている本作。物語の中で、愛しているのにすれ違うテオと深雪を演じたお二人に、お互いの印象や、それぞれが演じた役へのアプローチについて聞いた。



sign-185.png

植木豪(PaniCrew)×千葉涼平(w-inds.)

日本ダンスシーンに多大な影響を与えるボーカルダンスユニット・PaniCrewのフロントマンであり、日本人初のブレイクダンス世界チャンピオンでもある植木豪が初演出を務める舞台『WASABEATS』。主演には、アジア全域で絶大な人気を誇るw-inds.の千葉涼平を向かえるとあって話題となっている本作。共演にはヘッドスピンのギネス記録保持者であり、“LMFAO”のワールドツアーに“Quest Crew”として参加している大野愛地。ブレイクダンサーとして数々の世界大会で優勝を果たしている内海貴司など、国内外で活躍するダンサー達が魅せる最高峰のスーパーダンスショーとなっている。




sign-134.png

BASI

「韻シスト」のメンバーとして数々のライブ、音源を発表してきたBASIが2011年自身のレーベル「BASIC MUSIC」を設立。「RAP AMAZING」「VOICERATION」の2枚のアルバムに「スタンダード」のアナログ盤をリリース。2013年3月には「あなたには」(Track by EVISBEATS)をi-TUNESにて突如リリースし話題となった。韻シスト5th AL「HIP STORY」に続き、自身の3枚目となるソロアルバム「RAP U」をリリース!



DSC08599.JPG

KILLERS Roppongi Session

サンダンス映画祭へ正式出品決定したことでも注目を集める劇毒エンタテインメント作品『KILLERS/キラーズ』。監督を務めたモー・ブラザーズの2人が来日し、北村一輝と高梨臨らと共に登壇したこの記者会見は”KILLERS Roppongi Session”と銘打って開催され、Ustreamにて配信され同時通訳でインドネシアでもライブ配信された。

このイベントの見所の一つはフッテージ映像。記者陣も目の前に4名が居ることを忘れるくらいに見入ってしまい、自然と足のつま先がクイッと上がるほど衝撃的な世界感が解禁となった。一見してバイオレンスな要素が強く、主演の北村も「感情移入出来なかった」と語った程だが、アジアの映画人がタッグを組み製作したこの映画は人を惹付けるエネルギーに溢れている。SARUnet.comでは4人の『KILLERS』への熱い想いを余す事なくREPORT!


sign-130.png

土屋太鳳

若手実力派女優として大注目の土屋太鳳。大学1年生とは思えないほどクールで大人っぽい雰囲気…かと思いきや、とても自然体。初主演となる映画『アルカナ』は、本体(人間)と分身が共存する世界で、分身が本体の心臓を奪い取ろうとするサイコ・スリラー作品。今作では本体(さつき)と分身(マキ)の一人二役を演じる土屋さん。作品の魅力について聞いていくうちに、等身大の可愛らしい一面と、仕事に対する熱い一面を垣間見ることが出来た。



sign-103.png

小宮山友祐(フットサルプレーヤー)

Fリーグ・バルドラール浦安所属。2004年・2008年・2012年フットサルW杯出場。

昨年、三浦知良選手も加入したフットサル日本代表は、W杯で初めて決勝トーナメント出場を果たしメディアを賑わせた。その代表メンバーでキャプテンを務めていたのが小宮山友祐である。2007年にスタートした"Fリーグ(日本フットサルリーグ)"に加盟し、千葉県浦安市をホームタウンとする"バルドラール浦安"で活躍するフットサルプレーヤーだ。大学卒業後は4年間に渡り高校で日本史を教え、2004年から日本代表としても世界を相手に戦ってきた。そんな小宮山のフットサルとの出会いから教員時代の話し、6/15に開幕したFリーグ、日本代表への想いまで。インタビューではフットサルへの情熱と、熱い人柄が伝わって来る言葉を聞くことが出来た。


CHUS ANTON

スペイン生まれのフォトグラファー”CHUS ANTON(チュス・アントン)”。スペインのファッション誌『Vanidad』編集長に見出され、ファッションページの撮影を中心にキャリアを積み、現在はフランス・パリをベースに、ヨーロッパ、日本、アメリカで活躍するアップカミングなフォトグラファーのひとりだ。ポップだがどこか哀愁のある作品は、エモーショナルでゆっくり流れる音楽をBGMに、続きが気になる映画を見ているような感覚にとらわれる。

sign-75.png

HEAD GOONIE

HEADGOONIEのデザイナーであり、作家・漫画家としても活躍中の大八木未来。4年ぶり5冊目となる著書『INDIES T-SHIRTS BRAND GUIDE BOOK-インディーズTシャツブランドの作り方 完全ガイド-』の発売にあたりSARUnet.comでインタビューを敢行。時代と逆行すると言っても過言ではない「手作り」「国内生産」に徹底的にこだわる服作りへの真摯なスタンス、そしてブランド設立から10年以上をかけて積み上げてきた知識や経験を詰め込んだ著書に対する思いや裏テーマが伝わってくる内容になっているので是非読んで欲しいのだが、今回は特別にHEADGOONIEのアトリエにて大八木未来がTシャツにプリントする行程も取材させてもらった。HEADGOONIEというブランドを語る上で外すことは出来ないTシャツというアイテム、そして一度着たことがある人なら分かる温もりと中毒性。無地のTシャツにHEADGOONIEの魔力が宿る瞬間を確認して欲しい。

MY FIRST STORY DOCUMENTARY FILM/SARUnet.jpg

everytokyo.jpeg



kok.jpg

”MCバトルの頂点”がここに!「KING OF KINGS 2016 -GRAND CHAMPIONSHIP FINAL-」DVDの発売が決定!!(3.17UP)

LOCAL CONNECT.jpg

「僕らの光を受け、あなた自身も誰かを照らす光になってほしい」…LOCAL CONNECTから新曲「スターライト」のMV(Teaser ver.)が公開!(3.11UP)

170x170bb.jpg

衝撃の問題作「マンボー」から8ヶ月…FU-JIの2ndシングル「LOVESHIYOU」発売!!(3.7UP)

IMG_4704.JPG

Porehead pre「ELECTRICAL CIRCUS2017」全公演ゲストにFIVE NEW OLDとPELICAN FANCLUBの出演が決定!先行受付は明日3/5(日)まで!!(3.4UP)

SHWR-0042-44_般若_A_S.jpg

「昭和レコード TOUR 2017 春場所」が心斎橋SUNHALLにて4月29日(土)=昭和の日に開催決定!!(3.4UP)


sign-3.png



sign-18.png



sign-113.png



SARUnet/meagratia.png
sign-160.png
sign-83.png
sign-99.png



sign-141.png
sign-47.png

SARUnet.com VIDEO
「INSIDE」
Guest Appearance TKC from PaniCrew